ニジェールにおけるLGBTの権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニジェールにおけるLGBTの権利
ニジェール
同性間の性交渉 合法[1]
性自認/性表現 -
同性間の関係性の承認 考慮されていない
同性カップルによる
養子縁組の引受
-
同性愛者を公表しての軍隊勤務 -
差別保護 なし

ニジェールにおけるLGBTの権利(ニジェールにおけるLGBTのけんり)では、ニジェールにおけるLGBTの法的状況について扱う。

ニジェールでは、同性愛行為そのものは違法ではない[1]。ただし同性婚は認められておらず、性的指向に関する差別からの法的な保護も特に定められていない。また、2008年12月18日に第63回国連総会に提出された「性的指向と性自認に関する宣言(英語: UN declaration on sexual orientation and gender identity)」に関してはシリアによる反対声明に賛同している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]