ニシキテッポウエビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニシキテッポウエビ
Gobie and Shrimp.JPG
ギンガハゼと共生するニシキテッポウエビ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: エビ綱(軟甲綱) Malacostraca
: エビ目(十脚目) Decapoda
亜目 : エビ亜目(抱卵亜目) Pleocyemata
下目 : コエビ下目 Caridea
上科 : テッポウエビ上科 Alpheoidea
: テッポウエビ科 Alpheidae
: テッポウエビAlpheus
: ニシキテッポウエビ
A. bellulus
学名
Alpheus bellulus
Miya et Miyake[1]1969
英名
Tiger pistol shrimp

ニシキテッポウエビ(錦鉄砲蝦 Alpheus bellulus)は、エビ目(十脚目)・テッポウエビ科に分類されるエビの一種。サンゴ礁に生息するテッポウエビの一種で、鮮やかな体色とハゼ類との共生で知られる。

成体の体長は40-45mmほどで、日本沿岸の内湾で見られるテッポウエビ A. brevicristatus よりは小さい。第一歩脚は他のテッポウエビ類と同様大きな鋏脚に変化しているが、両方とも他種に比べてやや平たく、横幅がある。体色は腹部は白、背面は黒褐色の地にい斑点が並び、歩脚は色で関節部に黄白色、触角は褐色をしている。和名の「」、英名の"tiger"(トラ)の通り、テッポウエビ類としては鮮やかな体色をしている。

インド洋と西太平洋熱帯亜熱帯域に分布する。南方系の種類のため、日本での分布は千葉県以西の暖流の影響が強い地域に限られる。

おもにサンゴ礁域の水深数mないし十数mくらいの砂底に穴を掘って生息する。巣穴にはダテハゼ Amblyeleotris japonica、ヒメダテハゼ A. steinitzi、ギンガハゼ Cryptocentrus cinctus など小型のハゼ科魚類が同居する。

体色の鮮やかさとハゼ類と同居する生態から、水族館などでたびたび飼育される。ペットにする人もいる。

参考文献[編集]

  • 三宅貞祥 『原色日本大型甲殻類図鑑』I。ISBN 4-586-30062-0
  • 小林安雅 『海辺の生き物』〈ヤマケイポケットガイド16〉。ISBN 4-635-06226-0

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三宅貞祥 (1908-1998) carcinologist or 三宅驥一 (1876 - 1964) botanist