ニシキギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニシキギ科
W nisikigi5051.jpg
ニシキギ(Euonymus alatus
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ニシキギ目 Celastrales
: ニシキギ科 Celastraceae
学名
Celastrales
R.Br. nom. cons.
  • 本文参照

ニシキギ科(Celastraceae)は、双子葉綱ニシキギ目に属する植物の科である。世界の熱帯から温帯にかけて約100属千数百種が分布する。

特徴[編集]

大半が常緑または落葉の木本で、蔓性植物もある。日本にはニシキギツルウメモドキマサキツルマサキマユミツリバナなど、5属27種が自生し、庭木や生け垣などに利用される。

は小さく、あまり観賞価値はない。しかし、果実が裂開すると赤い仮種皮に包まれた種子が現れるものが多く、美しい。ニシキギは紅葉が美しい。

花は両性または単性で、放射相称、子房上位で、がく・花弁・雄蕊各5個からなる。果実は少数(2-10個ほど)の大型の種子を含み、さく果、液果または翼果となる。

日本の属[編集]

APG植物分類体系第3版(APG III)では、従来のレプロペタロン科ウメバチソウ科(草本)、ポッティンゲリア科もニシキギ科に含めている。