ニコラ・バーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Burman.jpg

ニコラ・バーマン(Nicolaas Laurens Burman、1734年 - 1793年)は、オランダ植物学者である。

父は同じく植物学者のヨハネス・バーマンであり、ニコラは父の後を継いで、アムステルダム大学アムステルダム植物園で勤めた。彼は、1760年からウプサラ大学で、カール・フォン・リンネに師事した。Specimen botanicum de geraniis(1759年)や後にヨハン・ゲルハルト・ケーニヒによって完成されたFlora Indica(1768年)等の多くの書を著した。

出典[編集]