ニコラ・グルビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラ・グルビッチ
Никола Грбић
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Nikola Grbic.jpg
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 1973年9月6日(41歳)
出身地 ズレニャニン
ラテン文字 Nikola Grbić
セルビア語表記 Никола Грбић
身長 195cm
体重 91kg
選手情報
所属 イタリアの旗 シル・サフェーティ・ペルージャ
セルビアの旗 バレーボールセルビア男子代表 
役職 監督
ポジション S
利き手
スパイク 346cm
ブロック 320cm
 
獲得メダル
Flag of FR Yugoslavia.svg ユーゴスラビア
Flag of Serbia and Montenegro.svg セルビア・モンテネグロ
Flag of Serbia.svg セルビア
オリンピック
1996 男子バレーボール
2000 男子バレーボール
世界選手権
1998 男子バレーボール
2010 男子バレーボール
ワールドカップ
2003 男子バレーボール
テンプレートを表示

ニコラ・グルビッチセルビア語: Никола Грбић[1], 1973年9月6日 - )は、セルビアの男子バレーボール選手、指導者。ズレニャニン出身。ポジションはセッター。元バレーボールセルビア男子代表

来歴[編集]

ユーゴスラビア国内でのプレーを経て、1994年にヴォイヴォディナ・ノヴィサドからイタリアセリエAモンティキアーリへ移籍。1995年にユーゴスラビア代表に選出され、1996年アトランタオリンピックで銅メダルを獲得した[2]1997年欧州選手権では準優勝に貢献し、同年欧州バレーボール連盟の年間最優秀選手に選出[2][3]。ヨーロッパナンバーワンのセッター[3]として出場した1998年世界選手権で銀メダルを獲得した[2]

1997年から在籍したセリエA・クーネオでは1999年にコッパ・イタリア優勝、トレヴィーゾ在籍時の2000年にもコッパ・イタリア優勝を飾り、トレヴィーゾでは1999-2000年欧州チャンピオンズリーグ優勝を経験[2]。同年ユーゴスラビア代表として兄ウラジミール・グルビッチと共に2度目の出場を果たした2000年シドニーオリンピック金メダル獲得に貢献した[2]

トレント在籍時のN.グルビッチ

金メダルを獲得したシドニーオリンピック以降の2000年代初頭は「世界一のセッター」として国際的に高い評価を受け、初優勝を飾った2001年欧州選手権[2]2003年欧州選手権と、銅メダル獲得の2003年ワールドカップでベストセッター賞を受賞[4]。セルビア・モンテネグロ代表のキャプテンとして2004年アテネオリンピックに出場した。

2005年に手指のケガや足首の故障に相次いで見舞われ、3大会連続ベストセッター賞を受賞した2005年欧州選手権の後、翌年にアキレス腱の手術を受けたが、その後もベテランセッターとして活躍し、2008年北京オリンピックにセルビア代表のキャプテンとして4大会連続オリンピック出場を果たした。

2007年からはセリエA・トレントでプレーし、2007-2008シーズンのリーグ初優勝と、翌シーズンの欧州チャンピオンズリーグ初優勝に貢献[2]。2009年に移籍したクーネオにおいても、2009-2010シーズンのクーネオのリーグ初優勝に貢献した[2]。自国開催の2009年ワールドリーグでは2大会連続準優勝とベストセッター賞を受賞[5]。37歳での出場となった2010年世界選手権では1998年大会の銀メダル以来、3大会ぶりとなる銅メダル獲得と[2]ベストセッター賞を受賞した[6]。1995年から2010年まで代表を務めた間に[7]、獲得したメダル数は19個に上る[2]

2013年にロシア・スーパーリーグゼニト・カザンへ移籍し、自身にとって3度目となるリーグ優勝を果たす[2]。現役引退後の2014年5月、セリエAのシル・サフェーティ・ペルージャの監督に就任し、指導者としてのキャリアをスタートさせた[8]

2015年2月、セルビア代表監督に就任した[7]

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セルビア語ラテン翻字: Nikola Grbić
  2. ^ a b c d e f g h i j k Grbic excited to start work with Serbian team”. FIVB (2015年3月17日). 2015年4月7日閲覧。
  3. ^ a b 1998年バレーボール世界選手権 - 男子出場チーム ユーゴスラビア”. TBS (1998年11月12日). 2010年10月14日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ 2003 Men's World Cup in Japan”. FIVB (2003年11月30日). 2010年10月14日閲覧。
  5. ^ Brazil is 2009 World League champion”. FIVB (2009年7月26日). 2010年10月14日閲覧。
  6. ^ Brazil Men's World Champions for third time running”. FIVB (2010年10月10日). 2010年10月14日閲覧。
  7. ^ a b Legend Grbic named Serbia coach”. FIVB (2015年2月3日). 2015年4月7日閲覧。
  8. ^ Domani è il giorno di Nikola Grbic!”. Legavolley (2014年5月13日). 2015年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]