ニコラウス・フォン・ツィンツェンドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラウス・フォン・ツィンツェンドルフ

ニコラウス・ルートヴィヒ・フォン・ツィンツェンドルフ・ウント・ポッテンドルフ伯爵Nikolaus Ludwig von Zinzendorf und Pottendorf, 1700年5月26日1760年5月9日)は、モラヴィア兄弟団の監督。伯爵

ツィンツェンドルフは、ドレスデンに生まれ、10歳の時にアウグスト・ヘルマン・フランケ敬虔主義の中学校に入学した。

イエス・キリストの磔刑画に「われこれをすべて汝のために為す、汝わがためになにを為せしや」と書いてあるのを見て、罪の身代わりとして十字架にかけられたキリストの愛に捕えられ、いのちのすべてをキリストに投げ出し、献身した。

伯爵の領地はヘルンフート(主の守り)と呼ばれ、迫害を受けた、フス派、敬虔主義者、アナバプテストの逃れ場となった。1727年にヘルンフートでリバイバルが起こり、会衆は聖霊の臨在によって倒れた。

参考文献[編集]