ニコライ・パトルシェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ニコライ・パトルシェフ
Николай Платонович Патрушев
Nikolai Patrushev.jpg
ニコライ・パトルシェフ
生年月日 1951年7月11日(62歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 レニングラード(現在のサンクトペテルブルク
出身校 レニングラード造船大学
前職 KGB職員、ロシア連邦大統領府副長官
称号 上級大将、法学博士、ロシア連邦英雄

任期 2008年5月12日 -

任期 1999年8月16日 - 2008年5月12日
テンプレートを表示

ニコライ・プラトノヴィチ・パトルシェフロシア語: Николай Платонович Патрушев、ラテン文字表記の例:Nikolai Platonovich Patrushev1951年7月11日 - )は、ロシア政治家ロシア連邦安全保障会議書記。上級大将シロヴィキの有力者の一人。ロシア連邦英雄

経歴[編集]

1951年7月11日、レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)に生まれる。小学校時代の同級生に内相、下院議長、与党「統一ロシア」党首を歴任したボリス・グルイズロフがいる。1974年、レニングラード造船大学を卒業する。大学卒業後の1975年からソ連国家保安委員会(KGB)の要員となる。KGB高等学校、特技向上課程を修了し、レニングラード市及び同州のKGB支部において、初級作戦係、市班長、地区課副課長、密輸・汚職対策課長として勤務する。

ソ連崩壊後は、KGBの解体を受けて、ロシア保安省(MB)に移り、1992年カレリア共和国保安相に就任する。1994年からモスクワ勤務。ロシア連邦防諜庁(FSK)内査局長、ロシア連邦保安庁(FSB)組織・人事業務部組織監察局長。1998年8月、ロシア大統領府副長官兼監督総局長。同年10月、FSB経済保安部長を歴任した。

1999年8月9日エリツィンがFSB長官兼安全保障会議書記だったプーチンを首相代行(後に首相)に任命したため、同日プーチンの後任として、FSB長官代行、8月16日に正式に長官に就任した。以後、プーチン政権発足以来、同庁長官として、チェチェンなどに関するテロ事件に対応している。2001年大将となる。プーチンに対し絶対的な忠誠心を持ち、プーチンから全幅の信頼を寄せられていると言われる。

2008年5月12日ドミトリー・メドヴェージェフ大統領就任に伴い、ロシア連邦安全保障会議書記に就任。

パーソナル[編集]

妻帯、2児を有する。法学科学博士。ロシア連邦英雄の称号、「武勲に対する」勲章、メダル7個を有する。

ロシア版Forbesの情報[1]によれば、2009年度のパトルシェフの所得は前年度の4倍、1,350万ルーブル(=4,320万円)に達した(比較として、安全保障会議副書記、書記補の年収は、200万~400万ルーブルに過ぎない)。加えて、239.9平方mのアパートを有している。また、妻は、4,541平方mの土地を所有している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Доходы Патрушева выросли за год в четыре раза

外部リンク[編集]

先代:
ウラジーミル・プーチン
ロシア連邦保安庁長官
1999年 - 2008年
次代:
アレクサンドル・ボルトニコフ
先代:
ワレンチン・ソボレフ(代行)
ロシア安全保障会議書記
2008年 -
次代:
現職