ニコライ・トルベツコイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1920年代の肖像写真

ニコライ・セルゲーエヴィチ・トルベツコイ公爵ロシア語:Николай Сергеевич Трубецкойラテン文字表記の例:Nikolai Sergeievich Trubetzkoi1890年4月15日 - 1938年6月25日)はロシア言語学者。構造主義で知られるプラハ学派の要人。

ユーラシア主義の代表的人物としても知られる。

生涯[編集]

モスクワにて、中世リトアニアを支配していたゲディミナス朝の流れをくむ、リトアニアルーシボヤーレ(大貴族)トルベツコイ公爵家に生まれた。父セルゲイ・ニコラーエヴィチ、おじエヴゲーニイ・ニコラーエヴィチはともに著名な哲学者であった。

1913年モスクワ大学を卒業して講義を行っていたが、ロシア革命の後にロストフ・ナ・ドヌ大学、ソフィア大学ウィーン大学に勤める。1929年から著しくソ連礼讃をするようになったスヴチンスキーら他のユーラシア主義者を批判し、以降はユーラシア主義のグループには加わらなかった。ヒトラーの教説にも批判的だったため、ナチスに追いつめられ、ウィーンで心臓の発作のため死亡した。

死後刊行された大著“Grundzüge der Phonologie”では、意味を区別する最小の単位「音素」という概念が提起され、音そのものを扱う音声学から言語に関わる音を扱う音韻論が分離するきっかけになった。

関連項目[編集]