ニコライ・ダーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコライ・ヴラディミロヴィチ・ダーリНиколай Владимирович Даль / Nikolai Vladimirovich Dahl, 1860年7月17日 - 1939年)はロシア医師1887年モスクワ大学を卒業した後、モスクワ市内で開業医として働いた。専門は神経学精神医学心理学。音楽に興味を持ち、優れたアマチュアのヴィオラ奏者でもあった。

ダーリは作曲家セルゲイ・ラフマニノフの治療を行ったことで知られる。ラフマニノフは交響曲第1番の作曲で酷評を受け、神経衰弱に陥り創作活動が続けられなくなった。1900年1月、ダーリは催眠療法心理療法を用いて3ヶ月以上にわたる治療を開始した。ダーリの治療と家族の支えにより快復したラフマニノフは、後にピアノ協奏曲第2番を作曲し、ダーリに献呈した。(この曲の初演時、何時までも鳴り止まない拍手を聴きながら楽屋でダーリは「あなたのピアノ協奏曲は・・・」とラフマニノフに話しかけたところラフマニノフは「いや、あなたのピアノ協奏曲です」と返したそうである)

オスロ・フィルハーモニー管弦楽団は、1999年2001年の小冊子でダーリをノルウェー人であるとした。この主張は後にノルウェー医師会会誌の記事で否定されている。[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]