ニコライ・ゼリンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコライ・ドミトリエビッチ・ゼリンスキー(Николай Дмитриевич Зелинский, ラテン文字転写例:Nikolay Dimitrievich Zelinsky, 1861年2月6日 - 1953年7月31日) はロシア化学者である。

沿ドニエストル地域ティラスポリに生まれる。オデッサのオデッサ大学、ドイツライプツィヒ大学およびゲッティンゲン大学に学ぶ。1893年からモスクワ大学の教授を務めた。

ゼリンスキーは有機化学における触媒の理論を設立したひとりである。1915年には、活性炭吸着効果を生かしたガスマスクを発明した。

カルボン酸の α位を三臭化リン臭素により臭素化するヘル・ボルハルト・ゼリンスキー反応に名前を残す。また、1901年にレトロピナコール転位を最初に報告している。

クレーターのひとつが、彼の名前にちなんで名付けられた (Zelinskiy)。

1953年、モスクワにて死去。

関連項目[編集]