ニコライ・アノーソフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコライ・アノーソフ
Николай Аносов
基本情報
出生 1900年2月17日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ボリソグレブスクロシア語版
学歴 ペトロフスキー・ラズモフスカヤ農業大学
死没 1962年12月2日(満62歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

{{{Influences}}}

ニコライ・パヴロヴィチ・アノーソフロシア語:Николай Павлович Аносов, ラテン文字転写:Nikolai Pavlovich Anosov ,1900年[1]2月5日ユリウス暦)/2月17日グレゴリオ暦) - 1962年12月2日[2])は、ソビエト連邦指揮者。息子はゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

略歴[編集]

ボリソグレブスクロシア語版の銀行員の家に生まれ、家庭で音楽教育を受けたものの、地元の高校を卒業後はペトロフスキー・ラズモフスカヤ農業大学に進学し、ほどなく赤軍に参加した。クロンシュタットの反乱の際には砲兵の士官として赤軍の戦闘に加わり、その後は外務省に勤務。

1920年代半ばからスタニスラフスキーのオペラ・スタジオでピアノ伴奏を務め、音楽活動を行うようになる。1928年にはモスクワ・フィルハーモニー協会に名を連ね、アンドレイ・ムトルとアナトリー・アレクサンドロフに音楽理論と作曲を教わった。1930年にはラジオ放送でグルックの歌劇《オルフェオとエウリディーチェ》を指揮してデビューを飾り、1933年にはアラム・ハチャトゥリアンの舞踏組曲をモスクワで初演して名を上げた。1937年にはロストフ・ナ・ドヌの交響楽団の首席指揮者となり、翌年にはバクー音楽院の講師に招かれる傍らでアゼルバイジャン・フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者となった。

1943年モスクワ音楽院で作曲の学位を取り、その翌年にモスクワ音楽院の講師となった。1945年から1950年までレフ・シテインベルクの創設したモスクワ国立交響楽団の首席指揮者を務め、1947年からはモスクワ音楽院のオペラ科の指導も任されるようになった。1951年には教授に昇格し、ソ連の名誉芸術家の称号を送られている。1962年12月2日モスクワにて死去した。

出典[編集]

  1. ^ ニコライ・アノソフ (Nikolai Anosov)”. ナクソス. 2013-06-06閲覧。
  2. ^ ANOSOV Nikolai Pavlovich, photo, biography”. Андрей Аршавин застукан с любовницей на пляже в Майами. 2013年6月6日閲覧。