ニコライ・アセーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコライ・アセーエフ

ニコライ・アセーエフロシア語:Никола́й Никола́евич Асе́ев英語:Nikolay Nikolaevich AseyevNikolay Nikolayevich Asyeyev.ru.vorb.oga 発音[ヘルプ/ファイル]1889年7月10日 - 1963年7月16日)は、ソビエト連邦(現:ロシアクルスクen:Lgov, Kursk Oblast出身の詩人。代表作は1928年に発表された叙情詩『セミヨン・プロスカーコフ』である。

象徴主義未来派の影響を受け、1914年頃に処女作『夜のフルート』を発表した。同じくソ連の詩人であるウラジーミル・マヤコフスキーに素質を認められ、ロシア・アヴァンギャルド期に於ける文学芸術機関誌である『レフ』の編集者、編集責任者となり、1941年政府より名誉賞を受賞した。

1963年7月16日モスクワで亡くなる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]