ニグラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Nigrán

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

ミニョール川にかかる石橋
ミニョール川にかかる石橋
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ ビーゴ
面積 34.8km²|34.8km² km²
人口 18,021人(2,009年) 人 ()
人口密度 513.48人/km² 人/km²
住民の呼称 nigranés/-esa
ガリシア語率 89.93%
Nigránの位置
Nigrán
スペイン内のニグランの位置
Nigránの位置
Nigrán
ポンテベドラ県内のニグランの位置

北緯42度08分 西経8度47分 / 北緯42.133度 西経8.783度 / 42.133; -8.783

Situacion Nigrán.PNG

ニグランNigrán)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は18,021人(2008年:17,869人)。住民呼称はnigranés/-esa。

ニグランは歴史的にはコマルカ・デ・バル・ミニョール(gl:Val Miñor: バイヨーナ、ニグラン、ゴンドマールの各自治体によって構成)に属していたが、ビーゴ都市圏の拡大に伴い、21世紀初頭に現在のように再編された。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は89.93%(2001年)。

地理[編集]

ニグランはポンテベドラ県の南西部に位置し、コマルカ・デ・ビーゴに属する。北はビーゴと、東から南はゴンドマールと、南はバイヨーナの各自治体と接しており、西は大西洋(リア・デ・ビーゴとリア・デ・バイヨーナ)に面している。自治体中心地区はニグラン教区のニグラン地区[1]

人口[編集]

出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]


交通[編集]

ニグランは州都サンティアゴ・デ・コンポステーラからは、高速道路で98km、ポルトガルとの国境からは20km、ガリシアで最も重要な都市であるビーゴからは10kmの距離にあり、バイヨーナ、ゴンドマールの各自治体と接している。陸海空の交通の便が非常によい条件にある。

政治[編集]

自治体首長はガリシア社会党(PSdeG-PSOE)のエフレン・フアーネス・ロドリゲス(Efrén Juanes Rodríguez)。 自治体評議員はガリシア社会党:7、ガリシア国民党(PPdeG):5、ガリシア民族主義ブロック(BNG):3、その他(Unión Centrista de Nigrán、ニグラン中道連合):2となっている(2007年選挙結果、得票順)。

教区[編集]

ニグランは7の教区に分けられる。太字は自治体中心地区のある教区[1]

  • カモス(サンタ・バイア)
  • チャンデブリート(サン・ショセ)
  • ニグラン(サン・フィス)
  • パンション(サン・ショアン)
  • パラーダ(サンティアーゴ)
  • プリエゲ(サン・マメーデ)
  • ア・ラマジョーサ(サン・ペドロ)

ギャラリー[編集]

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.14、p.58-60、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5827-4
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.


外部リンク[編集]