ニキ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニキ航空
Niki Luftfahrt
IATA
HG
ICAO
NLY
コールサイン
FLYNIKI
設立 2003年
ハブ空港 ウィーン国際空港
ザルツブルク空港 
マイレージサービス Top Bonus
保有機材数 17機(13機発注中)
就航地 33都市
本拠地 オーストリアウィーン
代表者 ニキ・ラウダ
外部リンク http://www.flyniki.com/
ニキ航空の A321-231

ニキ航空 (NIKI Luftfahrt GmbH) とは、オーストリアの ウィーン国際空港に拠点を置く、国際線格安航空会社である。創業者は往年の名F1ドライバーであるニキ・ラウダである。

概略[編集]

ニキ・ラウダはかつて、自らの苗字をつけたラウダ航空を経営していたが、機体の欠陥による墜落事故(ラウダ航空004便墜落事故)をきっかけにラウダ航空は経営難に陥り、オーストリア航空に2000年11月に経営権を譲渡した。

その後航空業界に再参入するために2003年、ドイツのアエロ・ロイド航空のオーストリア子会社、アエロ・ロイド・オーストリア(Aero Lloyd Austria)を買収し、自らのファーストネームをつけた「ニキ航空」を設立した。

資本に関しては、ラウダと共にエア・ベルリンが24%を設立時に出資し、後にエア・ベルリンの出資比率は49.9%へ引き上げられている[1]。経営方針に関しては「低価格かつ高品質のサービス」を売りにしており、この点についても同様の方針を掲げているエア・ベルリンの影響がうかがえる。

2010年7月にエア・ベルリンがワンワールドへ加盟する方針を表明したことに伴い、ニキ航空も2012年3月20日より同社のアフィリエイトメンバーとしてワンワールドに加盟した[1]

保有機材[編集]

2008年5月現在、保有機材は以下の通りである。なお、保有する航空機は全機エアバス製である。

発注中の機材[編集]

  • エアバスA320-200型機 6機
  • エアバスA321-200型機 1機
  • エンブラエル190 6機

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Air Berlin to join oneworld

外部リンク[編集]