ニオイガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニオイガモ
Musk-Duck-304.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ニオイガモ属Biziura
: ニオイガモ B. lobata
学名
Biziura lobata
(Shaw, 1796)
英名
Musk Duck

ニオイガモ (匂鴨、学名:Biziura lobata)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

オーストラリア南部、タスマニアに分布する

形態[編集]

頭頂部は黒く、それ以外の体の上面は黒色に灰色の横縞が入る。体の下面は白色で、暗褐色の小さな斑が散らばる。嘴は黒色、足は灰色で、下嘴の下からのどに黒色の丸い袋がある。雌は雄と同じ体色だが、体格は半分程度である。

生態[編集]

淡水の湖沼に生息する。通常、単独か番いで生活している。夜間に活動することが多い。繁殖期には独特の体臭を発する(これが、和名と英名の由来である)。また、雄はディスプレイ行為を行う。

食性は主に動物食。潜水をしながら、軟体動物、甲殻類、両生類、魚類などを捕食する。また、蓮の種子などの植物も食べる。

繁殖形態は卵生。番いの形態は乱婚型である。水辺の水草類や藪の中に営巣し、1腹1-3個の卵を産む。卵は他のカモ類に比べると大型である。孵化後、しばらくの間雌は雛を背中に乗せて運ぶ。また、食物を取って雛に与える。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類

保全状態評価[編集]

参照・注釈[編集]

  1. ^ Biziura lobata (Species Factsheet by BirdLife International)

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 ガンカモ目』、財団法人東京動物園協会、1980年、87頁


関連[編集]