ニウタオ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニウタオ島
—    —
ランドサット7からの画像
ニウタオ島の位置
ニウタオ島
位置図
座標: 南緯06度06分30秒 東経177度20分29秒 / 南緯6.10833度 東経177.34139度 / -6.10833; 177.34139
ツバル
人口 (2002年)
 - 計 663人

ニウタオ島(Niutao)は、ツバル北部の島。同国を構成する9つの地区のひとつでもある。うち、一つの島のみで構成される地区は当区を含め3つある。2002年国勢調査時の人口は663人。

人口過密状態にあった1949年、島民がニウラキタ島に入植した。

地勢[編集]

黒く、塩分を含んだ湖沼が2箇所ある。そのうち、大きいほうには3つの島が浮かび、ダムも整備されている。島に三箇所ある井戸からは淡水が汲み上げられる。かつて、村はアンガフォウルア近くのトゥアパ村しかなかったが、2002年の国勢調査ではクリア村(224人)とテアヴァ村(439人)がある。マネアパと呼ばれる公民館が一箇所、ロンドン宣教師協会の教会が一軒、郵便局が一局ある。海沿いに砂利道が敷設されており、村の反対側(実距離で800m)には墓地が、時計周りで4分の1(400m)ほどいくと病院がある。島自体は楕円形をしており、海抜もほとんどない。長いほうで1.6kmある。緑は豊かだが、種は限られている。プラカと呼ばれる巨大タロイモ、パンノキ、ココナッツ、タコノキを主食としている。

交通[編集]

舗装された道路もあるが、鉄道や空港はなく、外部との交通は脆弱である。

出身有名人[編集]

  • サー・トム・シオネ - 島選出の国会議員。総督や国会議長を務めた。
  • タヴァウ・テイー - 島選出の国会議員。現在、副首相兼天然資源相を務める。