ナーシルッディーン・マフムード・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナーシルッディーン・マフムード・シャー(? - 1266年、在位:1246年 - 1266年)は、インド北部を支配した奴隷王朝の第8代スルターン

父は第3代スルターンのシャムスッディーン・イルトゥトゥミシュ。父の時代の宮廷奴隷であり、その没後に頭角を現したギヤースッディーン・バルバンによって、1246年に傀儡として擁立された。妃はバルバンの娘である。このため、バルバンの影響力が絶大であり、マフムード・シャーは何も成せないまま1266年に死去した。嗣子がなかったため、姻戚関係にあったバルバンが後を継いだ。

ただし、若くして死去しているため、バルバンによる毒殺という説もある[要出典]

参考文献[編集]