ナヴァーイー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナヴァーイー
Navoiy / Навоий
ナヴァーイーの位置(ウズベキスタン内)
ナヴァーイー
ナヴァーイー
ウズベキスタン国内の位置
座標: 北緯40度05分04秒 東経65度22分45秒 / 北緯40.08444度 東経65.37917度 / 40.08444; 65.37917
Flag of Uzbekistan.svg ウズベキスタン
ナヴァーイー州
地区 ナヴァーイー地区
設立年 1958年
行政
 - 種別
 - 市長 Bahodir Juraev
標高 382m (1,253ft)
人口 (2012年)
 - 計 163,590[1]
等時帯 ウズベキスタン標準時 (UTC+5)
郵便番号 210100-210109[2]
市外局番 +998-79
ラバティ・マリクのキャラバンサライ

ナヴァーイー(ラテン文字:Navoiy、ウズベク語: Navoiy / Навоийロシア語: Навои)はウズベキスタン共和国・南西部のナヴァーイー州の州都である。ロシア語表記に従って「ナヴォイ」と表記されることもある。

歴史[編集]

ブハラ・アミール国の時代にはカルマナ(Karmana)といった。フサイン・バイカラ治下のヘラートティムール朝の宮廷でペルシア語チャガタイ語で優れた詩作を行った文化人・アリシェル・ナヴァーイー (アラビア語名:アリー・シール・ナヴァーイー)に因んで、1958年にナヴァーイーに改名された。

経済[編集]

ナヴァーイー州は貴金属天然ガスを豊富に産する。ナヴォイ鉱山精錬コンビナート (略称:ナヴォイMMC、NMMC)の本社が市内にあり、ナヴォイMMCは世界でも最高純度のを産することで知られるウズベキスタン最大の企業である。ナヴォイMMCはザラフシャンウチュクドゥクなどといった都市でなどの貴金属、ウランなどの採掘を行なっている[3]。また、ナヴォイアゾット (NavoiAzot) [4]は国内において有機肥料生産最大量を誇る。

ナヴァーイー自由産業経済区域 (FIEZ)[編集]

ウズベキスタン大統領の公示によると、外国企業に対し地位を与える自由産業経済区域 (英語: Free Industrial Economic Zone、略称:FIEZ) はすでにナヴァーイー州で創設されており、ナヴァーイー国際空港周辺がその区域に指定されている。

FIEZは技術革新に加えて、幅広い分野のハイテク産業や高性能機器を用いた国際競争力の高い製品の促進を目的としている。FIEZの運用期間は30年もしくはそれ以上とされる。

FIEZ内で操業する企業は税率や外貨使用、製造許可、地元住民で無い者の労働許可証や居住滞在などに関して優遇措置を受けることができる。また、本来支払いが必要な土地使用料、財産税所得税や、直接投資の希望に応じて発生する社会インフラの整備料、一括払いにかかる税率 (小規模ビジネスの場合)、国内道路基金や学校教育基金への支払い義務なども免除される。

  • 投資額:300万~1000万ユーロ - 7年間
  • 投資額:1000万~3000万ユーロ - 10年間、延長5年間では利益減少+税率50%一律
  • 投資額:3000万ユーロ以上 - 15年間、延長10年間では利益減少+税率50%一律

これに沿って、外国企業は関税の支払いを免除される (通関の際の支払いを除く) 。外国企業はFIEZ内では輸出入を円滑にするため、外貨での決済が可能となっている。

FIEZ内の活動の調整、管理は州政府や行政区の役員代表で構成される行政委員会によって行われる。行政委員会は契約条件に沿って地区を運営し、誘致する国際企業を決定することができる。行政委員会はインフラ開発をすすめることを目的とするFIEZ開発基金を作ることを予定している。

今日、13の合弁会社がナヴァーイーFIEZで活動しており、自動車部品、ADSLモデム、LEDランプ、美容製品など多方面の製品を製造している。

ナヴァーイー州はウズベキスタンの中央部に位置し、国内有数の工業地帯となっている。ナヴァーイー州には豊富な鉱物や天然資源がある。ムルンタウロシア語版鉱床より採取される金英語版珪砂 (15億トン以上)、花崗岩 (19億m3)、大理石 (4.2億m3)、リン鉱石 (15億トン) などである。

ナヴァーイー州最大の企業であるナヴォイ鉱山精錬コンビナートは世界でも十指に入るウランと金 (標準純度はフォーナイン) の生産を行なっていることで知られている。コンビナートで生産される金の延べ棒はロンドン金塊市場英語版東京工業品取引所において“optimal gold delivery” の評価を獲得している。ナヴァーイー州の経済は鉱業の他、建築資材、化学、織物、食品産業によって成り立っている。

40の外国投資企業がナヴァーイー州で仕事を行なっている。これらの企業の多くはアメリカ合衆国、中国、ロシア、イギリスの投資家が参加して設立されたものであり、ウズベク・イギリスの合弁会社「Amantaytau-Goldfields」などのように合弁会社を設立している[5][6]

交通[編集]

街の郊外にナヴァーイー国際空港があり、タシュケントへの国内便が毎日発着している。また、ウズベキスタン鉄道の駅があり、ブハラサマルカンドウルゲンチなどといった都市へと鉄道が運行されている他、ロシア、中国、イランといった方面へと長距離国際列車が運行されている。

脚注[編集]

  1. ^ Uzbekistán: Las ciudades más grandes con estadísticas de población”. population-statistics.com. 2012年12月19日閲覧。
  2. ^ Postal Code Search - Navoi postcodesdb.com、2012年12月19日閲覧。
  3. ^ Navoi and Zarafshan Gold Mining and Metallurgical Complexes”. ngmk.uz. 2012年12月19日閲覧。
  4. ^ «Navoiyazot» ochiq aksiyadorlik jamiyati rasmiy sayti sahifasiga xush kelibsiz!!!”. NavoiyAzot. 2012年12月19日閲覧。
  5. ^ Navoi Province”. uzinfoinvest.uz. 2012年12月19日閲覧。
  6. ^ Investment Guide for Navoi Region”. uzbekembassy.org. 2012年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度05分04秒 東経65度22分45秒 / 北緯40.08444度 東経65.37917度 / 40.08444; 65.37917