ナンヨウザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンヨウザクラ
Muntingia Calabura flowers fruit.jpg
ナンヨウザクラ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: アオイ目 Malvales
: シナノキ科 Tiliaceae
: ナンヨウザクラ属 Muntingia
: ナンヨウザクラ M. calabura
学名
Muntingia calabura L.
和名
ナンヨウザクラ(南洋桜)
英名
Jamaican cherry, Panama berry, Singapore cherry, Strawberry tree

ナンヨウザクラ(南洋桜、Muntingia calabura)は熱帯アメリカ(カリブ海沿岸からペルー)原産のシナノキ科(またはナンヨウザクラ科)の常緑高木。世界の熱帯各地で観賞用や食用に栽培される。

性質[編集]

は5弁で白い。果実は円い液果で赤く熟し、香りと甘味があって食べられる。種子は細かく多数ある。和名は見かけがサクラに似るためで、英語でもジャマイカンチェリーJamaican cherryなどと呼ばれる。痩せた土地でも育ちやすく、野生化している地域も多い。サクラとは類縁はない。また、同じように熱帯アメリカ原産で広く栽培されるテイキンザクラもしばしば同じく「南洋桜」と呼ばれるが、これはトウダイグサ科でやはり類縁はない。

利用[編集]

観賞用、食用のほか、メキシコなどでは葉を茶のようにして飲む。また材木も利用される。

分類[編集]

ナンヨウザクラ属はこの1種のみからなる。従来の分類ではシナノキ科とされたが、APG植物分類体系では3属3種でナンヨウザクラ科としている。