ナンブミズベヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンブミズベヘビ
Nerodia fasciata pictiventris.jpg
ナンブミズベヘビ
Nerodia fasciata pictiventris
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ユウダ科 Natricidae
: ミズベヘビ属 Nerodia
: ナンブミズベヘビ
N. fasciata
学名
Nerodia fasciata
(Linnaeus, 1766)
和名
ナンブミズベヘビ
英名
Southern water snake

ナンブミズベヘビ(南部水辺蛇、Nerodia fasciata)は、ユウダ科ミズベヘビ属に分類されるヘビ

分布[編集]

アメリカ合衆国南東部

形態[編集]

全長60-100cm。体色は暗色で褐色の横帯が入るが、個体による変異が大きい。

亜種[編集]

  • Nerodia fasciata confluens (Blanchard, 1923)
  • Nerodia fasciata fasciata (Linnaeus, 1766)
  • Nerodia fasciata pictiventris (Cope, 1895)

生態[編集]

河川等の水辺や湿地等に生息する。夜行性だが、木の枝等の上で日光浴を行うことも好む。性質は荒く、危険を感じると噴気音を出して威嚇したり噛みつくこともある。

食性は動物食で、魚類両生類等を食べる。

繁殖形態は卵胎生で、1回に2-57頭の幼体を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊や、毒蛇と間違われ駆除される等の理由で生息数は減少している。

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。性質が荒く、触れようとすると暴れる。

参考文献[編集]

  • クリス・マティソン 『ヘビ大図鑑』、緑書房、2000年、90-91、167頁。
  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、124頁。

関連項目[編集]