ナンバープレート (自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本のナンバープレート (登録車・自家用)

自動車のナンバープレート(じどうしゃのナンバープレート)とは、自動車に取り付けられているナンバープレートのことである。

ナンバープレートは普通、数字や文字、都市名などから成り立っていて、材質は世界中の大半でプラスチック製(金属製や、20世紀初頭には陶磁器製もあった)である。

たいていは、どこの国でも取り付けが義務づけられており、つけていない場合は罰金となることもある。ナンバープレートは、自動車の車種(大型、小型、業務用など)の見分けや、速度超過で逃走した自動車、不審者の乗用していた自動車などのナンバープレートを記録しておくことで、役に立つため、取り付けることが義務とされている。しかし、見づらくするために、ナンバープレートにカバーを付けたり、曲げる者もいる。

ほとんどの国では、ナンバープレートは政府や行政区画の機関などによって発行され、EUのナンバープレートのように、複数の国で統一されたナンバープレートや、アメリカ合衆国のように絵が描かれているナンバープレートなど、国によってデザインや大きさが異なる。

ナンバープレートの呼び方は、もとは"number plate"からきている。アメリカやカナダでは、"license plate"(ライセンスプレート)などと呼ばれる。

歴史[編集]

ナンバープレートにも長い歴史がある。ナンバープレートは、1800年代も終わりに近づくころ、アメリカ合衆国で、馬車の持ち主が自分の馬車だと示せるよう、世界で初めてナンバープレートを取り付けた。しかし、この馬車に取り付けるプレートは、政府によって義務付けられたわけではなかった。

1903年にアメリカ・マサチューセッツ州ウエストバージニア州で、世界で初めて政府によってナンバープレートを取り付けることが義務付けられた。その時点で、ナンバープレートは鉄製であった。数年後、プラスチック製に変わり、ほとんどの場所で使用が義務付けられるようになる。

しかし、ナンバープレートは形から大きさまで、どの場所でも違っていた。そのため、1957年、アメリカでナンバープレートの規格が標準化される。その後、そのほかの国々でもナンバープレートの色、形、大きさなどが標準化されていく。

特殊なプレート[編集]

各国のナンバープレート[編集]

  • 日本のナンバープレート
  • アメリカ合衆国とカナダのナンバープレートは、各州の州政府によって発行されている。アメリカのナンバープレートの形や大きさは国によって標準化されている。サイズは152.40mm x304.80mmで、縦横比はおよそ1:2。また、カナダのノースウエスト準州ヌナブト準州には、世界に例を見ない、クマを象ったナンバープレートがある。
  • EUのナンバープレートは、ほとんどの国で形や大きさが統一されている。およそ100mm×520mm、縦横比1:5の横長のサイズで、EUのシンボルと国際識別記号、アルファベットと数字で構成されている。EUに加盟していないヨーロッパ国家の一部(ノルウェーセルビアモルドバなど)やトルコでもほぼ同じ形式のナンバープレートが採用されているが、EUのシンボルの代わりに自国の国旗国章などが書かれているか空欄になっている。
  • ロシア連邦のナンバープレートは、サイズはEUと同一だが、プレート内に区切り線があり、線の左側にキリル文字と数字の組み合わせからなる分類番号(例:A 000 AA)があり、線の右側には、数字(2桁もしくは3桁)で表記される自治体(州または共和国)の記号と国旗が表記される。
  • 中華人民共和国のナンバープレートには、2007年現在、中国大陸香港マカオの三種類のシステムが存在する。マカオや香港から中国内地に乗り入れるには、マカオや香港のナンバープレートと、広東省が発行するナンバープレートの両方を装着したダブル・ライセンスが必要となる。
  • 韓国のナンバープレートは、近年まで日本と同様に、登録地、車種記号2桁、用途記号1字、一連番号4桁(例:서울 01 가 1234)で、サイズも普通車用が縦170mm×横336mmと極めて日本とよく似ていた。色は自家用は緑、事業用は黄となっている。その後、登録地表記を省略した新しいナンバーになり、2006年11月からサイズをEUと同様の横長とし(ただし、従来の車には取り付けが不可能なため、新造車のみ)、自家用車の色を従来の緑から白に変更した。
  • 台湾のナンバープレートは、アルファベットと数字の組み合わせにより区別され、登録地が直轄市台北市高雄市)、台湾省)、福建省の所属の金門県連江県のみ)単位で記載される。しかし、台湾では省が形骸化していることから、2007年からの新ナンバープレートへの転換にともない、登録地表記は廃止された。
  • ブラジルのナンバープレートは、一般車両用はアルファベット(英字)3文字と数字4桁の総7文字の組み合わせとなっていて、英字と数字の組み合わせは州ごとに決められている。その7文字の数列の上には、各州の英字2文字の略号(例:リオデジャネイロ州:RJ)と自治体名が記される。
  • オーストラリアのナンバープレートは、サイズは縦横比1:3、120mm×380mm程度のサイズが主流だが、すべて同じ大きさには構成されておらず、各州の州政府によって発行されている。省略した州名と6つほどのアルファベットと数字で構成されている。色もさまざま。

関連項目[編集]