ナンセモンド・カウンティ (戦車揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンセモンド・カウンティ
LST-689
輸送艦「しれとこ」
経歴
運用者  アメリカ海軍
 海上自衛隊
 フィリピン海軍
建造所 ベスへレム・ヒンガム造船所英語版
起工 1945年1月9日
進水 1945年2月14日
就役 1945年3月12日
退役 1946年8月21日
除籍 1959年10月1日
最後 1961年4月に日本へ供与、1975年にアメリカへ返還
1976年9月24日にフィリピンへ供与、その後は不明
改名 LST-1064 (新造時)
ナンセモンド・カウンティ (1955年7月1日)
しれとこ (1961年)
サマール・デル・ノルテ (1976年)
要目
クラス LST-542級戦車揚陸艦
排水量 軽荷 :1,625英トン (1,651 t)
満載 :3,640英トン (3,698 t)
長さ 232 ft 8 in (70.92 m)
50 ft (15 m)
吃水 11 ft 2 in (3.40 m)
推進 GM12-567ディーゼルエンジンx2、シャフトx2、ツインラダー
速力 12ノット (22 km/h; 14 mph)
乗員 266名
兵装 3"/50口径砲英語版 x 1
40mm砲 x 8
20mm砲 x 12
テンプレートを表示

ナンセモンド・カウンティUSS Nansemond County, LST-1064)は、アメリカ海軍向けに建造されたLST-542級戦車揚陸艦の1隻。艦名はバージニア州ナンセモンド郡英語版にちなむ。当初の艦名はLST-1064だった。

経歴[編集]

USS LST-1064[編集]

1945年1月9日、マサチューセッツ州ヒンガム英語版ベスへレム・ヒンガム造船所英語版にて起工され、1945年2月14日にはLST-1064として進水式が行われた。1945年3月12日、リーランド・H・オースチン中尉 (Leland H. Austin) を艦長に迎えて就役する。

チェサピーク湾での習熟航行の後、LST-1064はニュージャージー州アール海軍武器基地英語版にて弾薬を積載した後にアジア・太平洋戦線に派遣され、1945年6月23日にはウルシー環礁に到着した。以後はフィリピン方面への輸送任務に従事し、また終戦後は日本への進駐軍向けの輸送任務に従事した。

その後オレゴン州アストリアにて不活性化され、1946年8月21日に退役が宣言された。以後は太平洋予備艦隊コロンビア川グループ (Columbia River Group, Pacific Reserve Fleet) の1隻として係留されていた。

1955年7月1日、ナンセモンド・カウンティUSS Nansemond County, LST-1064)と改名。1959年9月17日までの処分が予定された。

JDS しれとこ (LST-4003)[編集]

1961年4月、軍事援助計画英語版の元で日本に供与され、海上自衛隊おおすみ型輸送艦しれとこ (LST-4003) として就役。1975年、アメリカへと返還された。

RPS サマール・デル・ノルテ (LT-510)[編集]

1976年9月24日、フィリピンへと再供与され、フィリピン海軍の輸送艦サマール・デル・ノルテ (RPS Samar Del Norte, LT-510) として就役。その後の処分は不明。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • Photo gallery of LST-1064 / Nansemond County at NavSource Naval History