ナレンダ・マン・シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナレンダ・マン・シンNarendra Man Singh1958年? – 2009年11月27日)は、ネパールカトマンズ出身のサッカー選手。ネパールのサッカー選手として初めて国外でプレーした選手である[1]

1971年にネパールの国内リーグ、Martyr's Memorial A-Division Leagueに所属するサンカタ・ボーイズ・スポーツ・クラブにて1971年から選手としての活動を開始した。ユースの代表にも選ばれ、1981年にカトマンズで開催された23回アジアユースフットボールではインド代表を相手に2ゴールをあげ4-2での勝利を収めた。翌年にはフル代表に選ばれ、1982年アジア競技大会のサッカー競技に出場した。

その後サンタカRCT、ロイヤル・ドラッグス、フレンズ・クラブ、ネパール・アーミー・クラブなどでプレーしたのち、インドのリーグへと移籍を果たし、ネパール初の海外プレー選手となった。マファトラル・クラブSCに所属し、後に現在のインド1部リーグであるマヒンドラ・ユナイテッドの前身であるマヒンドラ&マヒンドラへと移籍した。8年間の間インドでプレーしたのちは1990年に再び国内リーグへと復帰し、サンカタ・ボーイズ・スポーツ・クラブにてプレーしたほか、コーチも務めた。

2009年、カトマンズ・モデル病院にて黄疸の症状が出ていることから、入院していたところ11月27日亡くなった。彼の遺体は全ネパールサッカー協会の副代表のラタジト・クリシュナ・スレスタと同CEOのインドラマン・トゥラダールにより全ネパールサッカー協会の旗にて遺体を包まれ火葬された[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Former national footballer Singh passes away”. Gorkhapatra (2009年11月27日). 2009年12月3日閲覧。