ナラタケ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナラタケ属
Armillaria mellea 041031w.jpg
ナラタケ Armillaria mellea
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : 菌蕈亜門 Hymenomycotina
: 真正担子菌綱 Homobasidiomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: キシメジ科 Tricholomataceae
: ナラタケ属 Armillaria
(Fr.) Staude
下位分類(種)
本文参照

ナラタケ属(楢茸属、学名Armillaria)はハラタケ目キシメジ科キノコ分類。近年のDNA塩基配列による分類では、ホウライタケ科Marasmiaceae)に分類される。枯木や生木に発生する腐生菌、あるいは植物寄生菌で、は黄色から茶褐色。胞子紋は白色、クリーム色、黄色等。多くはつばを持つがつぼはない。世界的に広く食用にされているが、生で食べると中毒するものもある。総じて消化の悪いものが多く、食用種であっても食べ過ぎない方がよい。この属のキノコは程度の差があるが、枯死植物組織のみならず生きた植物組織をも侵して樹木を弱らせる。以前ナラタケとされていたものが、最近多くの種に分類されている。

また、ナラタケ自体も発生時期などで細分化すべきとの説もある

種類[編集]

参考文献[編集]