ナム・ギュリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナム・ギュリ
ナム・ギュリ
2007年10月2日、昌原大学校にて。
本名 ナム・ミジョン(남미정
別名義 ギュリ
生年月日 1985年4月26日(29歳)
出生地 韓国の旗ソウル特別市
国籍 韓国
民族 韓国人
職業 女優・歌手
活動期間 2006年-現在
活動内容 SeeYaリーダー(2006 - 2009)
著名な家族 1男3女のうち3女
ナム・ギュリ
各種表記
ハングル 남규리
発音: ナム・ギュリ
ローマ字 Nam Gyu-ri
テンプレートを表示

ナム・ギュリ (1985年4月26日 - )は 韓国女優、歌手。 2006年に女性3人グループSeeYaのリードボーカルとしてデビュー。現在は脱退、ソロ活動中。明知専門大学実用音楽科、慶煕大学演劇映画学科卒業。

当初コアコンテンツメディア所属、現在はイヤギエンターテインメント所属。

演技活動[編集]

ミュージックビデオ(PV)[編集]

映画[編集]

  • 2008年 《コ死Death Bell》(邦題:「ブラッディミッション」)

ドラマ[編集]

キャンペーン[編集]

  • 2011年アトピーのない国を作るキャンペーン・広報大使
  • キスミー広告モデル

受賞歴[編集]

年度 受賞歴
2006
  • 第13回大韓民国芸能芸術賞受賞 - 女性歌手グループ部門[1]
  • 第3回アジアソングフェスティバル - 新人歌手賞 [2]
  • 2006 Mnet Km Music Festival (MKMF) - 最優秀 O.S.T. 賞 [3]
  • 第16回ソウル歌謡大賞 - 新人歌手賞 [2]
  • 第21回ゴールデンディスクアワード - 新人歌手賞 [2]
  • SBSミュージックアワード - 女性新人歌手賞 [2]
2007
  • 2007 Mnet Km Music Festival (MKMF) - 女性グループ賞 [4]
  • 第22回ゴールデンディスクアワード - デジタル音源 - 本賞 [4]
2008
  • 第17回ソウルミュージックアワード - 本賞 [5]

アクシデント[編集]

2006年12月23日、江南区三成洞のコエックス太平洋ホール内で行われた「BIG4コンサート」でナム・ギュリがダンス中に衣装がずれ、胸の一部が公開された。マスコミや所属事務所はその写真にすぐモザイクをかけた。しかし、いくつかのスポーツ新聞社などのサイトはモザイク処理されていない画像を複数のメディアに配信し、大きな論争となった。 一方、SeeYaの所属するMnetメディアは、その動画に対して投稿者などに法的措置を執るということがマスコミを通じ伝えられた。 2009年4月、所属事務所のコアコンテンツメディアが契約を破棄したことで、ナム・ギュリは事実上SeeYaから脱退。コアコンテンツメディアは「ナム・ギュリが無断でSeeYaから離脱した」と話したが、ナム・ギュリはこの報道に関して一切否定している。 2009年7月、韓国のインターネットサイトによりナム・ギュリがSeeYaに復帰するという噂が流れたが、その後すぐSeeYaに新メンバー・イ・スミが加わった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]