ナポレターナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナポレターナ

ナポレターナ(Napoletana)は、主にイタリアのナポリを中心に使用されている、ナポリ式コーヒーを作るためのドリップ式のコーヒー・メーカー(転倒式抽出器)である。

概要[編集]

起源や名前の由来についての詳細な事実は今のところわかっていない。

類似のコーヒー抽出器の特許の図面が19世紀の前半に数多く出されており、そうしたフランスでの発明がイタリアに持ち込まれて普及したという説もあるが、イリー社は、この器具は1691年にド・ベロイが発明した最初のドリップ・ポットをもとに、ナポリで発明されたと説明している。 [1]

器具の概観としては、通常、円筒形の金属製マグカップのような形をしたボイラーと、その中に入れる、コーヒー粉を入れるバスケットとその支えとなる円筒からなるフィルター部、そして抽出したコーヒーを蓄え、注ぐためのサーバー部(ポット)の3点(フィルターのキャップを個別に数えるなら4点)からなり、それに抽出中のボイラーの保温と抽出後のポット用を兼ねる蓋が付属する。


使用手順としては、まずフィルター部分にコーヒーの粉を入れ、ボイラー部に水を注ぎ、フィルター部をボイラーの中に入れる。 それからサーバー部を上部に取り付けて全パーツを接続し、ボイラーをそのまま火にかける。 水が沸騰するとボイラー部の穴から蒸気や熱湯が噴き出し始めるので、加熱をやめて全体を逆さまにひっくり返すと、熱湯がフィルターを通り、サーバーにコーヒーが抽出される。

ボイラー部分を直接的に加熱するという点ではモカエキスプレスと同一だが、蒸気圧ではなく単純にひっくり返すことによる重力を利用してコーヒーを抽出するという点では、どちらかというと一般的なペーパードリップ等に類似している。 紙や布といった油分を吸着するフィルターを通さず、重力以外の圧力も使わないので、抽出されたコーヒーの味はコーヒープレスや、ベトナム式コーヒーに代表される金属製ドリッパー等を使ったものに近いとされる。

現代のコーヒー抽出器具としては古典的、原始的なものの一つであり、より簡便なペーパードリップなどの方式やより特徴的な味を引き出せるモカエキスプレスなど様々な器具が開発された結果、これといった長所のない「時代遅れの道具」と見られる傾向が強くなっている。 とはいえ、パーコレータと同程度に簡便かつ頑丈、かつ沸騰しすぎによる劣化が起きないという点でアウトドアでの利用者や あるいはボイラー加熱時の蒸気によるコーヒー豆の蒸らし効果などによって他の方式よりも優れた抽出結果が得られるとする愛好家も存在する。

参照[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]