ナプキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テーブル上に折り畳まれて用意されたナプキン
会席膳に折り畳まれて用意されたナプキン

ナプキン(napkin)は、食事の際に、などの飛散による衣服の汚れを防止したり、食後にの周りを拭いたりするための使い捨てのものでは不織布のものもある。生理用のナプキンと区別するために、「テーブルナプキン」と呼ぶこともある。

歴史[編集]

料理を手づかみで口にしていた時代の、手拭きが発展したもので、ローマ時代にはマッパ(mappa)と呼ばれる布が用いられるようになる。中世にはテーブルクロスが出現し、この片隅で手をふいていたが、17世紀ごろからは現在の形が現れた。紙ナプキンを作りはじめたのは日本が最初で,まだ欧米で薄い紙の製造技術が発達していなかった明治時代に,手漉き和紙に木版刷りのナプキンが輸出された。

ナプキンは位置皿に折ってセッティングする(折り方には数種ある)。テーブルウエアとしてナプキンリングが用いられることもある。外食産業などではナプキン立てにまとめて用意される。

衣服の汚れを防止するものの使い方としては、肩から掛けたり、ひざの上に掛けたりする方法で使われる。大きさはほぼフェイスタオル程度。肩から掛けるものでは、首の後ろで結べるようになっている。

口の周りを拭くものは、小型のものとなる。

使い方[編集]

着席したら、オーダーした後に、食前酒がやオードブルがサーブされる前に頃合いを見計らい、取り上げて広げてから二つ折りにし、折り目を手前(体側)にして膝から腿(もも)の上に広げる。

なお、ホスト(正客、主賓や目上の人)や女性が居る場合は、その人の後にする方が良い。

指や口元を拭く場合は、その内側を使い、元に戻した時に外から見えないようにする。

食後[編集]

西洋料理では、食後にナプキンを丁寧に畳んでテーブルに置くと「料理が口に合わなかった」という意思表示になる[1]。テーブルマナーでは、食後は軽く折りたたんでテーブルの上に置くのがよいとされる。なお、基本的には中座は好ましくはないが、中座する場合には椅子の背あるいは椅子の上に置く。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 洋食のマナー(食事のマナー-ウェルエイジウーマンより)

外部リンク[編集]