ナターシャ・ヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナターシャ・ヤー
生誕 ターカナ4号星
死没 ヴェグラ2号星
職業 USSエンタープライズDの保安主任
テンプレートを表示

ナターシャ・ヤー(Natasha Yar)は『新スタートレック』に登場する架空の人物。デニーズ・クロスビーが演じた。日本語版の吹き替えは沢海陽子が担当した。USSエンタープライズDの保安部長で階級は大尉。愛称はターシャ(Tasha)。

人物[編集]

惑星連邦が入植したものの無政府状態となったターカナ4号星出身。両親を幼いときに殺され、妹イシャーラとともに劣悪な環境で自衛する生活を余儀なくされた。15歳のときターカナ4号星を脱出し、宇宙艦隊アカデミーに入った。ジャン=リュック・ピカードに救出任務で示した能力を評価され、USSエンタープライズDに配属された。

データ少佐と性行為を行った唯一の人物でもある。このときは、とある病原体の影響で精神が不安定に陥っていた。

ヴェグラ2号星の不定形生命体アルマスからの救出任務中に殉職した。

撮影の裏話[編集]

デニス自身はトロイ役でオーディションを受けたのだが、ヤー大尉に決定。しかしデニス自身がその他のクルーでしかないヤー大尉役に満足出来ず新しい映画やドラマに出演を希望し、TNGを降板した。

ゲスト出演[編集]

その後、ゲストとしてTNGに復帰をしているが、ヤー大尉は死亡している為、アナザーワールドで登場したりロミュランの司令官でヤー大尉の娘シーラ、最終回のQが作った世界のヤー大尉の役などでゲスト出演している。

家族[編集]

妹が一人いる。 また、タイムスリップによる事故による余波で、後年の作品にはロミュラン人とのハーフである娘のシーラが登場する。