ナタン・ラフリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナタン・ラフリンロシア語: Ната́н Григо́рьевич Ра́хлин / ウクライナ語: Ната́н Григо́рович Ра́хлін/ Natan Grigoryevich Rakhlin, *1905年12月28日 チェルニーヒウ近郊スノフスク - †1979年6月28日 カザン)は、ウクライナ出身のソビエト連邦指揮者。なお、父姓を含めてカナで表記する場合、ロシア語表記に従うとナターン・グリゴーリェヴィチ・ラーフリンであり、ウクライナ語表記に従うとナターン・フルィホーロヴィイチ・ラーフリンである。

略歴[編集]

ユダヤ系の家庭に生まれる。1920年から1923年まで赤軍に所属。1923年から1927年までキエフ音楽院に在籍し、ヴァイオリンをD.F.ベルティエに、指揮法アレクサンドル・オルロフに師事。また、トランペットも学んだ。その後はレニングラードマクシミリアン・シテインベルクにも指揮法を師事している。ハリコフキエフモスクワカザンドネツクで指揮者として経験を積んだ後、1937年から1941年まで、また1946年から1962年までウクライナ国立管弦楽団の指揮者に迎えられた。その間の1941年から1945年にかけてはソヴィエト国立交響楽団の指揮者に就任している。1957年ショスタコーヴィチの《交響曲 第11番「1905年」》の世界初演を指揮した。1966年よりタタールスタンのカザン管弦楽団の首席指揮者に就任した。このほかに、モスクワ放送交響楽団レニングラード交響楽団なども指揮している。

評価と受容[編集]

Stamp of Ukraine ua143stv.jpg

19世紀ロマン主義音楽を得意とし、ベルリオーズの《幻想交響曲》とリスト交響詩チャイコフスキーの管弦楽曲など、なかんずく標題音楽の解釈に長けていた。ボリス・リャトシンスキーやヴィクトル・コセンコ、ワディム・ゴモリャカ、ヘオルヒイ・マイボロダ、レフコ・コロドゥープなどのウクライナ人作曲家の作品もレパートリーに入れた。生前は、多くのソヴィエト映画に音楽監督として名を連ねるなど、ソ連の名指揮者の一人に数えられたにも関わらず、遺憾なことに重要な録音が入手し難い現状にある。

外部リンク[編集]

音源[編集]

先代:
アレクサンドル・ガウク
ソヴィエト国立交響楽団音楽監督
1941–1945
次代:
コンスタンチン・イワーノフ