ナタン・アルテルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナタン・アルテルマンנתן אלתרמן, Natan Alterman, 1910年 - 1970年)はワルシャワ出身のイスラエルジャーナリスト詩人作家・翻訳者。

1925年テルアビブに帰還し、ギムナジウムで学ぶ。

シェークスピアモリエールラシーヌイディッシュ語ロシア語作家の作品をヘブライ語に翻訳した。

詩の本[編集]

  • 『外に星』(1938年)(כוכבים בחוץ)
  • 『貧者の喜び』(1941年)(שמחת עניים)
  • 出エジプト記の詩』(1941年)(שירי מכות מצרים)
  • 『鳩の都市』(1957年)(עיר היונה)
  • 『夏の祝宴』(1965年)(חגיגת קיץ)
  • ガリラヤ湖よ、ガリラヤ湖よ』(1962年)(כנרת, כנרת)

演劇[編集]

  • 『亡霊の宿』(1963年)(פונדק הרוחות)
  • ピタゴラスの定理』(1965年)(משפט פיתגורס)
  • エステル女王』(1966年)(אסתר המלכה)

文献案内[編集]

外部リンク[編集]