ナサニエル・シルクレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナサニエル・シルクレット(1920年代)
ビクター・サロンオーケストラとシルクレット(中央)
指揮をするシルクレット(左端)

ナサニエル・シルクレットNathaniel Shilkret1989年12月25日 - 1982年2月18日)は、アメリカ合衆国作曲家指揮者ピアニストクラリネット奏者。

[[1895年])[12月25日]]ニューヨーク市出身。オーストリアから移住したユダヤ人の家庭に生まれる。幼いころよりピアノとクラリネットを学び、1910年代から1920年代はじめにはニューヨーク交響楽団メトロポリタン歌劇場管弦楽団のクラリネット奏者として活動し、またジョン・フィリップ・スーザ率いるスーザ吹奏楽団にも参加した。

1926年RCAビクター軽音楽部門の責任者となり、クラシック音楽ジャズの録音を精力的に行った。共演したミュージシャンにはオペラ歌手エンリコ・カルーソーフョードル・シャリアピンローザ・ポンセルヴァイオリニストヤッシャ・ハイフェッツ、ジャズミュージシャンのルイ・アームストロングベニー・グッドマン歌手フランク・シナトラらがいる。1929年には指揮者として、ジョージ・ガーシュウィンの『パリのアメリカ人』の初レコーディングを行った。この録音で死後グラミー賞を受賞した。また1928年から1951年まで多数の映画音楽を手がけた。

クラシック音楽の作品としては、クラリネット五重奏曲、交響詩『スカイウォード』(1928年)、トロンボーン協奏曲(1942年)、『創世記組曲』(1944年、アルノルト・シェーンベルクダリウス・ミヨーアレクサンドル・タンスマンマリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコエルンスト・トッホイーゴリ・ストラヴィンスキーと共作)などがある。

外部リンク[編集]