ナゴルノ・カラバフの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナゴルノ・カラバフの国章

ナゴルノ・カラバフ国章(ナゴルノ・カラバフのこくしょう)は、アゼルバイジャンから事実上独立状態にある「アルツァフ共和国」(ナゴルノ・カラバフ共和国)の国家のシンボルである。

国章の中央には翼を広げたがおり、飾りのついた冠を戴いている。鷲の胸には盾があり、その中には白い雪をかぶった青い山脈が描かれ、その下に縦方向にしたナゴルノ・カラバフの国旗が描かれている。盾の中央には二つの石でできた大きな頭像がある。これは首都ステパナケルトアゼルバイジャン語ではハンケンディ)にあるアルメニア人の記念碑、『我らの山』(アルメニア語: Մենք ենք մեր սարերը、別名『おじいさんとおばあさん』 Տատիկ և Պապիկ, Tatik yev Papik)を描いたものである。鷲の爪は小麦ブドウといったこの地の農作物をつかんでいる。

紋章を輪のように取り囲む金色の帯には、東部アルメニア語で「山地のカラバフのアルツァフ共和国」(Lernayin Gharabaghi Artsakh Hanrapetoutioun)と書かれている。ナゴルノ・カラバフ(Nagorno-Karabakh)という呼称は、ソビエト連邦時代にカラバフ地方の東部山岳地方に対してロシア語で「ナゴールヌィ・カラバフ」(Нагорный Карабах)と名付けられたことが元になっており、現地のアルメニア語やアゼルバイジャン語には基づかない。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]