ナコーンサワン教区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナコーンサワン教区

ナコーンサワン教区สังฆมณฑลนครสวรรค์、The Diocese of Nakhon Sawan)(ローマ・カトリック教会)はタイ中部にある司教区バンコク大司教区の属司教区。ナコーンサワン県ムアンナコーンサワン郡サワンウィティ通り95 に司教座を構える。この司教区は93,547km²の面積を持ち、シンブリー県チャイナート県カムペーンペット県ロッブリー県ナコーンサワン県ピッサヌローク県ペッチャブーン県ピチット県サラブリー県スコータイ県ターク県ウタイターニー県ウッタラディット県を管轄する。2001年の時点で教区内の820万人の住民の内、9,237人がカトリック信者である[1]。28の小教区を持つ。

歴史[編集]

この教区は1967年12月18日バンコク大司教区から司教区として分離した。

司教座聖堂[編集]

司教座聖堂ムアンナコーンサワン郡聖アンナ大聖堂(The St. Anna Cathedral、อาสนวิหารนักบุญอันนา นครสวรรค์)。北緯15度41分37秒 東経100度7分13秒 / 北緯15.69361度 東経100.12028度 / 15.69361; 100.12028

教区長司教[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]