ナクシュバンディー教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナクシュバンディー教団(英:Naqshbandi,トルコ語:Nakşibendilik)とは、イスラム神秘主義スーフィー(スーフィズム)の一派である。

本拠[編集]

歴史[編集]

創設[編集]

創設者はアブド・アルハーリク・グジュドゥワーニー英語版(Abd al‐Khāliq Ghujduwānī,?‐1179または1180。1220没とも)。

12世紀後半から、ブハラで活動し、ホジャ派として知られた[1]

14世紀にはバハー・アッディーン・ナクシュバンド英語版(Bahā’ al‐Dīn Naqshband,1317‐1389)が教団の指導者となり、その名にちなんでナクシュバンディー教団と呼ばれるようになる[1]

ホージャ[編集]

指導者アフマド・カサーニー(マフドゥーミ・アァザム[2] 1464-1542)の子孫の称号はホージャとよばれた。ホージャ(またはホージャ家)は、ティムール朝の崩壊以降[3]東トルキスタンウイグル人の指導者としての役割を担い、17世紀から19世紀にかけての東トルキスタン(現・中華人民共和国新疆ウイグル自治区)地域の政治に大きな役割を果たした。「カシュガル・ホージャ家」とも呼ばれる[2]

イスハーキーヤ(黒山党)とアーファーキーヤ(白山党)[編集]

アフマド・カサーニーの次男のムハンマド・イスハーク・ワリー(?-1599)はサマルカンドからカシュガルホタンアクスクチャに滞在し、1599年にサマルカンドに帰還した[4]。ムハンマド・イスハーク・ワリーの系統は、カシュガル・ホージャ家イスハーキーヤまたはカラタグルク、黒山党[5]とよばれた。

他方、アフマド・カサーニーの長男のイーシャーニ・カラーン[6](ムハンマド・アミーン)の系統がある。ムハンマド・アミーンの子はホージャ・ユースフ(?-1652/53)といい、東トルキスタンに移住した。ホージャ・ユースフの子がホージャ・アファークとして知られるダーヤット・アッラーであった[7]。この系統は、アーファーキーヤまたはイーシャーニーヤまたはアクタグルク(白山党)と呼ばれた[7]

ホージャ・アファークの没後、息子のホージャ・ヤフヤーが継いだが殺害された[2]。チャガタイ家のアクバシュ・ハーンはその他のホージャ・アファークの子供たちをインドへ送還したという[2]

アーファーキーヤ(白山党)はイスハーキーヤ(黒山党)との抗争に敗北し、東トルキスタンを追放され、1671年から1672年にかけて西寧(現・中華人民共和国青海省西寧市)に移り[7]、そこで布教に成功し、おおくの中国ムスリム信徒(回民)を獲得した[7]

白山党の一派にアーファーク統がある[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世界大百科事典 第2版,日立ソリューションズ
  2. ^ a b c d 河原弥生,2006.
  3. ^ 河原弥生,2006.
  4. ^ 小松2000,p303
  5. ^ 小松2000,p303
  6. ^ 新免康・菅原純:2002.
  7. ^ a b c d 小松2000,p304
  8. ^ 新免康・菅原純:2002.

参考文献[編集]

関連項目[編集]