ナキサワメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナキサワメは、日本神話に登場する。『古事記』では泣沢女神、『日本書紀』では啼沢女命と表記され、哭沢女命とも書かれる。

神産みの段で、妻のイザナミを亡くし、その遺体にすがって泣いたイザナギの涙から化生した女神。泉の湧き水の精霊神とされる。

神名の「ナキ」は「泣き」で、「サワ」は泣く様子の形容である。「メ」とあるので女神である。

『古事記』では「香山(かぐやま)の畝尾の木の下に坐す神」と記される。『延喜式神名帳』には畝尾都多本神社奈良県橿原市木之本町に現存。通称「哭沢神社」)が記載されており、啼沢女命が祀られている。