ナガブナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナガブナ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : コイ亜科 Cyprininae
: フナ属 Carassius
: C. auratus
亜種 : ナガブナ C. a. subsp. 1
学名
Carassius auratus subsp. 1
和名
ナガブナ

ナガブナCarassius auratus subsp.1)はコイ目コイ科フナ属に属する魚である。地方名はアカブナなど。テツギョの先祖だと言う説もある。

分布[編集]

北陸山陰長野県諏訪湖福井県三方五湖に生息しているとされるが詳しいことはわかっていない。

特徴[編集]

全長25cmほど。ニゴロブナに非常によく似た特徴をしている。口は大きく、斜め上を向く。

食性[編集]

詳しいことはわかっていない。

生活環境[編集]

湖の底層を主な生息地として生活している。

保全状況評価[編集]

情報不足(DD)環境省レッドリスト

Status jenv DD.png