ナウエリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナウエリート

ナウエリート(Nahuelito)は、UMAの一種。アルゼンチンナウエル・ウアピ湖に棲息しているといわれ、南米版ネッシーパタゴニアのプレシオサウルスとも呼ばれている。

特徴[編集]

  • 棲息地・目撃場所:アルゼンチン南部のパタゴニア・バリローチェのナウエル・ウアピ湖
  • 体長(推定):5-40m
  • 外見は首が細長く、頭部は小さく、大蛇を思わせる姿。背部にはコブ、またヒレを持つといわれている。
  • 体長や行動、形状等がネッシーと酷似している。
  • アルゼンチンでは知名度が高く、旧1ペソ札には湖面から首を出しているナウエリートが描かれていた。

解説[編集]

  • 1897年、地元住民がナウエリートを目撃。

正体[編集]

関連項目[編集]