ナイル殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイル殺人事件
Death on the Nile
監督 ジョン・ギラーミン
脚本 アンソニー・シェーファー
原作 アガサ・クリスティ
ナイルに死す
製作 ジョン・ブラボーン
リチャード・グッドウィン
出演者 ピーター・ユスティノフ
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 ジャック・カーディフ
編集 マルコム・クック
製作会社 EMI Films
Mersham Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年9月29日
日本の旗 1978年12月9日
上映時間 140分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
フランス語
アラビア語
ドイツ語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $14,560,084[1]
テンプレートを表示

ナイル殺人事件』(ナイルさつじんじけん、原題:Death on the Nile)は、1978年イギリス映画。原作はアガサ・クリスティの『エルキュール・ポアロ』シリーズの一作『ナイルに死す』。

第51回アカデミー賞において衣裳デザイン賞アンソニー・パウエル)を受賞した。

ストーリー[編集]

アメリカ生まれの美女リネット(ロイス・チャイルズ)は巨額の遺産相続人となった。リネットは旧知の親友ジャクリーン(ミア・ファロー)から相談を受ける。ジャクリーンの婚約者であるサイモン(サイモン・マッコーキンデール)が失業し、生活に苦しんでいるため、手を貸してほしいとの要望だった。リネットはサイモンと会うが、その直後に彼女はサイモンとの電撃結婚を発表する。いわば略奪婚だった。

いまや若き富豪となった夫妻は、新婚旅行でエジプトに赴くが、行く手にジャクリーンが姿を現した。ジャクリーンはナイルの川下りを楽しもうとする夫妻と同じ豪華客船に乗り合わせ、ことあるごとに暴言を浴びせるなど妨害行為を繰り返す。

リネットは船の乗客に、旅行中の私立探偵ポアロ(ピーター・ユスティノフ)がいることを知り、「ジャクリーンを遠ざけてほしい」と頼む。だがポアロは依頼を受けなかった。

一夜が明けた朝、リネットは銃殺されていた。Jの血文字が残されていたことから、ジャクリーンが真っ先に疑われたが、彼女にはアリバイがあった。

船内には他にも怪しむべき人々がひしめきあっていた。リネットの叔父で財産の管理者でもあるアンドリュー(ジョージ・ケネディ)、リネットを彷彿とさせる登場人物をネタに小説を執筆した作家サロメ(アンジェラ・ランズベリー)、サロメの娘でリネットに嫉妬心を抱くロザリー(オリヴィア・ハッセー)、リネットの真珠のネックレスを欲しがるバン・スカイラー(ベティ・デイヴィス)、リネットに藪医者呼ばわりされた医師のベスナー(ジャック・ウォーデン)。いずれもリネットと揉め事を起こしていた。

さらにはメイドのルイーズ(ジェーン・バーキン)はリネットに自身の結婚を破談されたと信じているし、看護師のミス・バウアーズ(マギー・スミス)は父がリネットの祖父に破産させられていて、学生ファーガスン(ジョン・フィンチ)はそもそもブルジョア階級を憎悪していた。

ポアロは旧友レイス大佐(デイヴィッド・ニーヴン)とともに船上で捜査を開始する。

キャスト[編集]

吹き替えその他、鳳八千代関弘子二木てるみ内田稔高林由紀子津嘉山正種阪脩杉田俊也郷里大輔荘司美代子

テレビ初放映:テレビ朝日日曜洋画劇場1981年10月18日 

原作との違い[編集]

公開時、最も目を惹いた顕著な改変は、ポアロ役のピーター・ユスティノフの起用だった。「小男」であるはずのポアロは、『オリエント急行殺人事件』のアルバート・フィニーが年齢以上に見せるメイクで容姿を忠実に再現していたが、ユスティノフは共演者の中でも目立つ巨漢だった。しかしユーモアと温厚さをのぞかせるポアロの性格はむしろ原作に近くもあり、ユスティノフは後の映画やテレビドラマでもポアロ役を演じている。

原作のキャラクター、コーネリアが映画では登場しない。よってファーガスンがコーネリアに好感を抱き、失恋に終わるくだりもない。代わりにサロメの娘、ロザリーと結ばれるくだりが追加されている。

エピソード[編集]

当初、フランソワ・トリュフォー監督に依頼が寄せられたが、イギリスからの電話を受けとったプロデューサーのアラン・ヴァニエフランス語版が相手の態度が失礼だと怒って断った(山田宏一蓮實重彦『トリュフォー 最後のインタビュー』平凡社 2014年 p.69)。

日本公開時の改変[編集]

1978年12月9日、東宝東和配給により全国公開された際のフィルムは、エンディングの楽曲がサンディー(サンディー・オニール名義)のヴォーカルによる『ミステリーナイル』に差し替えられた。この曲は日本独自のイメージソングであり、ニーノ・ロータ作曲による叙情的なBGM及び本来のエンディング曲とは相容れないアップテンポなポップス・ナンバーだったが、サビがテレビCMで印象的に用いられたこともあって人々に受け入れられ、興業的成功をもたらすと共にシングル盤もヒットした。よって、以後の『クリスタル殺人事件』『地中海殺人事件』でも同様にエンディング曲を女性ヴォーカルのポップス・ナンバーにする改変が行われた。

差し替えられた『ミステリーナイル』は本来のエンディング曲とは出だしのタイミングが異なり、ラストシーンでポアロがレイス大佐に台詞を告げ終わった瞬間にイントロが始まる。本来のニーノ・ロータ作曲のエンディング曲は、台詞を言い終わらないうちに始まる。よって、音声トラックと音楽トラックが分離しているマスターを使用しなければ、東宝東和版とまったく同じエンディングの再現は不可能である。

エンディング曲の差し替えと並行し、エンド・クレジットの途中で『これからご覧になる方のために、結末は決して話さないで下さい』というキャプションが表示される改変があった。『結末は決して話さないで下さい』のフレーズはテレビCMのキャッチコピーにも使用され話題になった。

現在発売されている日本版DVDは本国版によるもので、上記のエンディングの改変は行われていない。

日本版ポスターのみ、夜間にライトアップされたギザのピラミッドスフィンクスが、大きく写真で掲載されている(アメリカ版はツタンカーメンを強調したもの)。このシチュエーションは映画本編には登場しないが、公開の1年前にヒットした『007 私を愛したスパイ』に同様のシーンがあり、流行に乗る形で注目度の向上に結び付けようとしたものである。映画の成功によりこれも慣例として踏襲され、『クリスタル殺人事件』はロンドン郊外の牧歌的な農村が舞台にもかかわらず、夜間にライトアップされたビッグ・ベン国会議事堂の写真が大きく掲載された。今日では議論の対象となるであろう広告の方針であるが、当時は『ランボー』でも映画に登場しない摩天楼がポスターのメインに描かれるなど、東宝東和の宣伝の常套手段だった。

脚注[編集]

  1. ^ Death on the Nile (1978)” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月8日閲覧。

関連項目[編集]

舞台『ナイル殺人事件』[編集]

2004年、ナイル殺人事件の題名で、東宝で舞台化された。演出は山田和也、上演台本は橋本二十四、キャストは北大路欣也岩崎良美小林高鹿森ほさち淡路恵子友井雄亮松田かほり愛佳戸井田稔安原義人青山達三、劇場はル・テアトル銀座

映画版も東宝の配給であり、この流れで、舞台版の題名も、映画のナイル殺人事件としたと思われる[要出典]

外部リンク[編集]