ナイルチドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイルチドリ
ナイルチドリ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: ナイルチドリ科 Pluvianidae
: ナイルチドリ属 Pluvianus
: ナイルチドリ P. aegyptius
学名
Pluvianus aegyptius (Linnaeus1758)
和名
ナイルチドリ(ナイル千鳥)
ワニチドリ(鰐千鳥)
ワニドリ(鰐鳥)
英名
Egyptian Plover
Crocodile Bird

ナイルチドリ(ナイル千鳥、学名 Pluvianus aegyptius)は、チドリ目の1種である。別名ワニチドリ(鰐千鳥)・ワニドリ(鰐鳥)。

ナイルチドリ属 Pluvianus 唯一の種であり、ナイルチドリ科 Pluvianidae 唯一の種でもある。かつてはツバメチドリ科 Glareolidae に分類されてきたが、系統的にかけ離れていることがわかり分離された[2]

属名 Pluvianus は「雨を呼ぶもの」を意味する。

分布[編集]

アフリカ北部に生息する。

生態[編集]

古くから本種は、ナイルワニと共生関係にあり、ナイルワニの口の中で歯に着いた肉片をついばむとされており、アリストテレスの博物誌にもこの習性が紹介されている。このためワニドリまたはワニチドリとも呼ばれている。しかし、ワニの背中にのることはあるが、ワニの口の中の肉片や食物のかすを食べるという習性については正確な記録がないため、現在では単なる言い伝えに過ぎないとされていることが多い。

川岸の砂地に産卵しその上に砂をかけ、卵が孵化するまで上に座ったり水をかけて温度を下げるという習性がある。雛は砂の中で孵化し、自力で地上に這い出てくる。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
チドリ小目 Charadriida

出典[編集]

  1. ^ BirdLife International (2004). Pluvianus aegyptius. 2006. IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006. www.iucnredlist.org. Retrieved on 11 May 2006. Database entry includes justification for why this species is of least concern
  2. ^ IOC World Bird List 2.4 shorebirds by Frank Gill, David Donsker and the IOC team

参考文献[編集]

関連項目[編集]