ナイメーヘン国際フォーデーマーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大会第4日目ゴール目前

ナイメーヘン国際フォーデーマーチ(en:International Four Day Marches Nijmegen)(nl:Vierdaagse)は、世界で最大のウォーキングの大会である。毎年7月中旬にスポーツ振興と健康増進の目的でナイメーヘンで開催される。 参加者は毎日、年齢グループと性別により定められる30キロ、40キロ、50キロの距離を歩く。大会4日間全日を定められた距離以上完歩した参加者には、四日間十字勲章(nl:Vierdaagsekruis)を受勲される。参加者はほとんどが一般市民であるが、北大西洋条約機構加盟国の軍など、総勢数千人の軍からの参加者もある。


概要[編集]

"Vierdaagse"(オランダ語で「4日間のイベント」)は、1909年以来、世界大戦による中止を除いて毎年開催されてきたウォーキングの大会である。1916年から開催される中心都市がナイメーヘンとなり現在まで続いている。参加者の年齢グループと性別により、30キロ、40キロ、50キロのいずれかの距離を大会4日間、毎日歩くことが求められる。規定を超える距離に参加申し込みを行って、実際に歩いても良い。

大会発足当初は、一般市民は稀で軍人のための大会であったが、現在ではほとんどの参加者が一般市民となった。参加者は近年増加しており、4万人を超える規模となっている。現在では世界で最大のウォーキング大会である。道路の混雑を緩和するために、2004年以来主催者は参加者の数を制限しており、参加申し込みが抽選となる年もある。

定められた距離以上を大会4日間完歩した参加者は、1909年オランダ王室布告に定める四日間十字勲章(nl:Vierdaagsekruis)を受勲される。これはオランダ王国が公式に認める勲章で、勲章の種類はクロス(nl:kruis)であり、オランダの公務員は正装の際に着用することが認められている。大会に一回だけでなく複数年参加する人も多く、最多出場の人は合計で60年間、それ以外にも合計50年以上参加している人が数人いる。

大会第1日目は7月の第3火曜日と決められている。 参加者がウォーキングを行うコースは、毎年ほぼ同じである。大会が開催される各日は、その日に通過する最も大きな町の名前を冠している。

大会第1日目(火曜日) Elstの日(北西コース、平地)
大会第2日目(水曜日) Wijchenの日(西コース、平地)
大会第3日目(木曜日) Groesbeekの日(南東コース、一部丘陵)
大会第4日目(金曜日) Cuijkの日(南コース、平地)

最終日である大会第4日目、参加者はゴール手前の大通り、通称"Via Gradiola"まで歩いてくると、観客よりグラジオラスの切花を贈られる。まだ咲いていない赤いつぼみの切花であることが多い。グラジオラスはローマ時代より勝利の象徴とされており、参加者の栄誉を称えるために贈られる。


外部リンク[編集]