ナイファンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナイファンチもしくはナイハンチは、空手の型(形)の一つ。「形はナイファンチに始まり、ナイファンチに終わる」[1]屋部憲通)と言われるように、古くから空手修行者が最初に習う基本型である。とりわけ首里手泊手の系統では、この型をもっとも重視してきた。またこの型の立ち方をナイファンチ立ちとして騎馬立ちと区別する流派もある。

概要[編集]

ナイファンチを演じる本部朝基

古来よりナイファンチは首里および泊地域の空手修行者が、最初に習う基本の型とされてきた。首里手の大家・糸洲安恒に師事した知花朝信が「吾々(われわれ)の先生はナイハンチを基本として教へました」[2]と述べていることからも、この事実は確認できる。糸洲が学生用にピンアンを創作(明治37年、1904年)して以降、ピンアンがナイファンチに取って代わったと誤解されることもあるが、実際は、ピンアン創作後も、糸洲は沖縄県師範学校ではナイファンチしか教えていなかったとされる。

師範学校在学時代に、糸洲とその師範代の屋部憲通に師事した儀間真謹(松濤館流)は、「私が師範在学中の五年間に本当に練習したのはナイファンチだけだったのです。体育の時間でも、教練の時間でも、空手大会でも、毎年秋に開かれた大運動会でも演武したのはすべてナイファンチだったのです」[3]と語っている。また、儀間によれば、屋部はピンアンを練習するくらいなら、公相君を練習しなさいと述べたという[4]。糸洲、屋部、儀間とも、ナイファンチを得意とした。糸洲は、ナイファンチ立ちそのままの足幅で歩いていたとまで言われている。

一般にナイファンチは鍛錬型と見なされることも多いが、同じく糸洲門下の本部朝基は「ナイファンチの形を左右、いずれかに捻ったものが実戦の足立で、ナイファンチの形は左右、いずれかに捻って考えた場合、いちいちの動作に含まれるいろいろな意味が判ってくる」(本部朝基語録)と語り、ナイファンチを単に鍛錬型と位置づけず、実戦型としても重視している。本部朝基はナイファンチしか知らないと揶揄されるほど、この型を得意としていたのは有名である。また、本部からナイファンチを教わった大塚博紀は、「昔時はひとおとり操作ができるようになるには3年を要し、一生かかっても完全にできないといわれていたほどむずかしいとされている形である」と解説している[5]

表記[編集]

カタカナでは、ナイファンチのほかにナイハンチともいう。この相違は沖縄方言ではハ行の子音を、F音で発音することに由来していると思われる。例えば、那覇(ナハ)は、沖縄方言ではナーファと発音する。それゆえ、沖縄方言の発音通りに表記すればナイファンチとなり、日本語標準語で表記すればナイハンチとなる。カタカナでは、他に「ナイハンチェン」「ナイファンチン」などの表記も見受けられる。

漢字による表記はすべて、空手が本土に伝来して以降の当て字や翻訳である。摩文仁賢和は「内歩進」とし、船越義珍は「騎馬立ち」後に「鉄騎」としたごとくである。他に「内畔戦」、「内範置」(玄制流系)などの表記もある。

伝来[編集]

本部によれば、ナイファンチは古来よりよく行われた型であるが、中国ではすでに失伝した型であるという[6]。一説には泊村に仮寓していた中国人がナイファンチを伝えたとされるが真偽のほどは定かでない。首里にナイファンチが伝えられたのは、後述するように、本部が松村宗棍のナイファンチについて詳述していることから、19世紀前半にはすでに首里に伝来して基本型として地位を確立していたものと思われる。

泊村では、松茂良興作1829年 - 1898年)が、初め宗久親雲上嘉隆(1800年 - 1850年)に師事して、ナイファンチを習ったとされる。宗久の没年は1850年なので、松茂良がナイファンチを習ったのは、遅くとも1840年代ということになる。

なお、糸洲安恒が泊村の墓地に仮寓する漂着人・チャンナン(禅南)からナイファンチを初めて教わったとの口碑があるが、これは糸洲の師匠である松村がすでにナイファンチを教えていた事実と矛盾することから、人物や時代についての情報がいくらか誤って伝えられた可能性が高いと思われる。

種類[編集]

ナイファンチには、初段、二段、三段の三種類がある。二段と三段は糸洲安恒が創作したという説と、元々のナイファンチを三分割して、初段、二段、三段を作ったという説がある。いずれにしろ、もっとも大切とされるのは、ナイファンチ初段である。なお、初段、二段は、左右対称の型である。

ナイファンチは、今日では一般に右進行で始まる流派が多いが、一部の流派では左進行のナイファンチも伝承されている。首里手系統では本部流一心流(開祖・島袋龍夫)、神道流(開祖・比嘉清徳、岸本祖孝に師事)等、また泊手系統では剛泊会等である。他にも、開始時に片方だけ顔を向ける方式、左右に顔を巡らす方式(本部流、和道流神道自然流)等の違いもある。

立ち方も後期の糸洲系統ではサンチン立ちのように膝をやや内側にしぼるが、本部朝基、遠山寛賢(屋部憲通直弟子)、中村茂(沖縄拳法)、船越義珍の系統では、膝をやや外に張る。また、船越義珍の立ち方も初期の写真では足幅は狭いが、現在の松濤館系統ではそれよりずっと足幅を広くとる傾向にある。

また、本部朝基によれば、ナイファンチの握拳はかつては平手(開掌)だったとされる[7]。ほかに左右への諸手突きの鈎突き部分が開掌、裏拳を打つときの添え手部分が二本貫手であったとの説もある(金城裕説)。

松村と糸洲のナイファンチ[編集]

松村宗棍と糸洲安恒の両方に師事した本部朝基によると、両人の間では、ナイファンチに相違があったとされる。特に松村のナイファンチについては、本部の解説が唯一のものであり貴重であるので、以下に引用する。

「ナイファンチの型で、松村先生と糸洲先生と異なっているところがある。 ナイファンチの中で、足を膝のところまで内側へあげて元の位置へ踏み下ろすところがある。あそこのところで両先生の流儀が異なっているのだ。

松村先生の流儀は、踏みおろすときに、足を軽く平らに足裏を地上におろすのだが、糸洲先生の流儀は、足のおろし方を力を入れて重く、足裏を平らに下ろさず斜めにおろす気持ちで、強く踏みおろす。これは右足のときも左足のときも同じことである。

次に手を胸の前面に突き出すところも両先生のやり方が異なっていた。一つの拳を側面に寄せてとり、他の拳を胸部前面に横に突き出す型が右にも左にもある。あそこのところの拳の突き出し方が異なっていた。

松村先生の流儀は拳を斜め前に突き出すので、肘がほとんど伸びている。しかし糸洲先生の流儀は拳を平行するように突き出すので肘のところで角に曲げている。これは左手のときも、右手のときも、共に同じである。」

『空手研究』より。原文は旧字体、旧仮名遣い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 儀間真謹・藤原稜三『対談・近代空手道を語る』100頁。
  2. ^ 「本社主催・空手座談会(五)」『琉球新報』1936年(昭和11年)11月。
  3. ^ 儀間真謹「空手の“空”は“無”」『空手道 保存版』株式会社創造、1977年、107頁。
  4. ^ 儀間真謹、藤原稜三『対談・近代空手道の歴史を語る』86頁。
  5. ^ 大塚博紀『空手道 第一巻』157頁。
  6. ^ 本部朝基『私の唐手術』参照。
  7. ^ 「武士・本部朝基翁に『実戦談』を聴く」『琉球新報』1936年(昭和11年)11月9日記事[1]

関連記事[編集]

関連書[編集]

  • 『空手道 保存版』株式会社創造 昭和52年
  • 儀間真謹、藤原稜三『対談・近代空手道の歴史を語る』ベースボール・マガジン社 1986年 ISBN 4583026064
  • 岩井虎伯『本部朝基と琉球カラテ』愛隆堂 平成14年 ISBN 4750202479
  • 小沼保『本部朝基正伝 琉球拳法空手術達人(増補 )』壮神社 平成12年増補版 ISBN 4915906426
  • 沖縄県教育委員会文化課・編『空手道・古武道 基本調査報告書Ⅱ』榕樹社 1995年 ISBN 4947667257
  • 仲宗根源和編『空手研究』興武館(復刻版) 1934年。榕樹書林 2003年 ISBN 4947667923
  • 大塚博紀『空手道 第一巻』大塚博紀最高師範後援会 昭和45年

外部リンク[編集]