ナイト・トーキョー・デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイト・トーキョー・デイ
Map of the Sounds of Tokyo
監督 イザベル・コイシェ
脚本 イザベル・コイシェ
製作 ジャウマ・ロウラス
製作総指揮 ハビエル・メンデス
撮影 ジャン=クロード・ラリュー
編集 イレーヌ・ブレクア
配給 日本の旗 ディンゴ
公開 フランスの旗 2009年5月23日第62回カンヌ国際映画祭
スペインの旗 2009年8月28日
日本の旗 2010年9月11日
上映時間 98分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 日本語
英語
マレー語
テンプレートを表示

ナイト・トーキョー・デイ』(Map of the Sounds of Tokyo)は、2009年スペイン映画

ストーリー[編集]

孤独な女のリュウは昼間は築地市場で働いているが、夜になると殺し屋として裏社会で活動するという2つの顔を持っていた。ある日、リュウは恋人を亡くしたワイン店経営者のダビと出会い、恋に落ちる。だがその男は次の殺しのターゲットだった。

キャスト[編集]

尚、本作品の撮影には押尾学も出演していたが、本人による合成麻薬MDMAの所持・服用による(※:いわゆる押尾学事件)によって本人出演部分が日本版では全てカットされ、編集されている。オリジナル版には押尾学が登場するシーンも収録[1]

評価[編集]

第62回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、フランス映画高等技術委員会賞を受賞した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]