ナイスダンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイスダンサー
英字表記 Nice Dancer
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1969年3月6日
死没 1997年8月25日
  (28歳没・旧29歳)
Northern Dancer
Nice Princess
母の父 Le Beau Prince
生国 カナダの旗 カナダオンタリオ州
生産 ディーン・アルファンジ
馬主 トム・モートン
ハーレクインランチ
調教師 J.G.ラヴィーン(カナダ)
競走成績
生涯成績 20戦10勝
獲得賞金 154,825ドル
テンプレートを表示

ナイスダンサー (Nice Dancer) はカナダ競走馬カナダ三冠の最終戦ブリーダーズステークスを含め重賞6勝を挙げ、1972年のカナダ最優秀3歳牡馬に選出されるなど活躍。同地で種牡馬となったあと1979年に日本へ輸出され、現地でナイスネイチャなどの活躍馬を送り出した。

経歴[編集]

競走馬時代はカナダで過ごし、20戦10勝・2着2回。優勝した6つの重賞のうち、ブリーダーズステークスとカナディアンマチュリティステークスは現在カナダのG1競走となっている。3歳時にはウッドバイン競馬場の距離8.5ハロン、9ハロンのトラックレコードを更新するなど、当時のカナダ競馬を代表する競走馬として知られた。

1973年に競走馬を引退。翌年より種牡馬となったが、これといった産駒のないまま過ごし、1979年にノーザンダンサー系種牡馬の導入に取り組み始めた日本に輸入された。日本では同じノーザンダンサー産駒のノーザンテーストリーディングサイアーの常連となると、その代用として中小の生産者に重宝されるようになった。以後、1986年のクラシック戦線を賑わせ「関西の秘密兵器」と呼ばれたラグビーボールや、当時としては斬新な馬名で知られたナイスナイスナイス、有馬記念3年連続3着など「善戦マン」として名を馳せたナイスネイチャなど、ファンに親しまれる馬を輩出した。しかし産駒でGI級競走に優勝したのは、カナダでの最終世代産駒で日本輸入後に生まれたクイーンズプレート優勝馬フィドルダンサーボーイのみで、日本での産駒からGIレース勝利馬は出せなかった。母の父としてはトウカイテイオー血統表に名を残している。

また、中央競馬でのダート重賞優勝馬はいない[1]が、ダートが得意な産駒が多かったことでも知られ、東京王冠賞等に優勝したキクノウインをはじめ、地方競馬では複数の重賞優勝産駒がいる。

1996年に高齢により廃用となり、その後は種馬場の近所にあった育成牧場に勤務する個人女性に身元を引き受けられ、以後は同場で余生を過ごした。翌年8月に老衰により28歳で死亡。遺体は牧場近くの山中に埋葬された。

主な産駒[編集]

主なブルードメアサイアー産駒[編集]

※複数重賞優勝馬のみ記載

血統表[編集]

ナイスダンサー (Nice Dancer)血統ノーザンダンサー系 / Blenheim・His Grace5×4=9.38%、Massine5×5=6.25% (母内) )

Northern Dancer
1961 鹿毛 カナダ
Nearctic
1954 黒鹿毛 カナダ
Nearco Pharos
Nogara
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
Natalma
1957 鹿毛 カナダ
Native Dancer Polynesian
Geisha
Almahmoud Mahmoud
Arbirator

Nice Princess
1964 栗毛 アメリカ
Le Beau Prince
1952 芦毛 フランス
Fontenay Tornado
Flying Colours
Quillerie Sultan Mahomed
Hotep Heres
Happy Night
1957 栗毛 イギリス
Alizier Teleferique
Alizarine
Happy Grace His Grace
Happy Morn F-No.1-e

母ナイスプリンセスはアメリカで4勝。1歳下の半妹ミスアトラクティブ(父ヴィクトリアパーク)の産駒にはカップアンドソーサーステークス等の優勝馬で種牡馬として日本に輸入されたパークリージェントがいる。8歳下の半妹ミドルマーチ(父バックパサー)の産駒にはゴールデンジャックスターリングローズの母コマーズ、1994年のソヴリン賞最優秀古牝馬ペニーヒルパークがおり、後年自身も日本に繁殖牝馬として輸入された。

脚注[編集]

  1. ^ ただしカルストンダンサーが降雪により芝からダートに変更になった1984年の京都牝馬特別を制している

外部リンク[編集]