ナイジェル・ブラッドハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイジェル・ブラッドハム

Nigel Bradham
バッファロー・ビルズ No. 53

ラインバッカー
生年月日:1989年9月4日(25歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州クローフォードビル
身長:6' 2" =約188cm 体重:240 lb =約108.9kg
NFLデビュー
2012年バッファロー・ビルズ
経歴
大学フロリダ州立大学
NFLドラフト2012年 / 4巡目(全体の105番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
タックル     108回
QBサック     0回
インターセプト     0回
ファンブルフォース     0回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ナイジェル・ブラッドハム(Nigel Bradham 1989年9月4日- )はフロリダ州クローフォードビル出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLバッファロー・ビルズに所属している。ポジションはラインバッカー

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

高校2年次には145タックル、8サック、4インターセプト、2TD、3年次には145タックル、12サック、4TDをあげた。高校3年間で430タックル以上、20サックをあげた。

彼はパレード、SuperPrep、USAトゥデイなどからオールアメリカンに選ばれた。2008年のUSアーミーアメリカンボウルで4タックルをあげて、ホールトロフィーのファイナリストにも選ばれた。

Rivals.com には5つ星の評価をされ、アウトサイドラインバッカーとしては1位にランクされた[1]

高校在学中の2008年、CSTCのトム・レミングより、デリック・ブルックスと比較され、高く評価された[2]

多くの大学から奨学金のオファーを受けていたが、2007年4月、フロリダ州立大学への進学を決断した[3]

大学1年次の2008年は、ローテーションで起用され、主にウィークサイドのラインバッカーとしてプレーした。マイアミ大学戦で初先発を果たした。この年29タックルをあげた[4]

2年次の2009年には12試合に先発出場し、チームトップの93タックル(62ソロタックル)、2サック、1インターセプト、2ファンブルリカバーをあげた。この年、カレッジフットボールニュースより、2年生のオールアメリカンに選ばれた[4]

3年次の2010年には全14試合に先発出場、チームトップの98タックル(54ソロタックル)、5サックをあげた[4]

4年次の2011年にはチームキャプテンを務め、86タックルをあげて、全米4位にランクされるディフェンスを率いた[4]

バッファロー・ビルズ[編集]

2012年のNFLドラフト4巡105位でバッファロー・ビルズに指名されて入団した。

プロ入りまではストロングサイドラインバッカーを務めたことがないが、ポテンシャルの高さから、ビルズのチャン・ゲイリーヘッドコーチらは、ウィークサイドだけでなく、ストロングサイドでの起用も検討している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008 Prospect Ranking Rivals.com outside linebackers 2008”. Rivals.com. 2012年9月16日閲覧。
  2. ^ Tom Lemming (2007年4月9日). “Updated 2008 All-American Watch List”. CSTV. 2012年9月16日閲覧。
  3. ^ WHS Football Players Nigel Bradham and C. J. Holton Commit to Florida State University”. wakulla.com (2007年4月16日). 2012年9月16日閲覧。
  4. ^ a b c d Profile”. フロリダ州立大学. 2012年9月16日閲覧。
  5. ^ Kevin Oklobzija (2012年9月8日). “Buffalo Bills linebacker Nigel Bradham will play either side”. democratandchronicle.com. 2012年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]