ドーン・アダムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドーン・アダムズ
Dawn Addams
Dawn Addams
アラン・ヤングと(1953年)
本名 Victoria Dawn Addams
生年月日 1930年9月21日
没年月日 1985年5月7日(満54歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランド サフォーク州フェリックストウ
死没地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優
ジャンル 映画テレビ
活動期間 1951年 - 1983年
活動内容 1949年:舞台デビュー
1951年:MGMと契約
1957年:『ニューヨークの王様』
1985年:死去
配偶者 ロッカセッカ公ドン・ヴィットリオ・エマヌエーレ・マッシモ (1954 - 1971)
ジミー・ホワイト (1974 - ?)
主な作品
『月蒼くして』
『聖衣』
『ニューヨークの王様』
『潜航電撃隊』

ドーン・アダムズ[1][2][注釈 1]Dawn Addams, 1930年9月21日 - 1985年5月7日)はイギリス女優。1950年代にはメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の作品を中心に映画女優としてハリウッドで、1960年代から1970年代にかけてはイギリスのテレビ界で活躍した。チャールズ・チャップリンの1957年の作品『ニューヨークの王様』ではヒロインを務め、スペンサー・トレイシーデヴィッド・ニーヴンといった名優とも共演を重ねた。

生涯[編集]

ドーン・アダムズ、本名ヴィクトリア・ドーン・アダムズは1930年9月21日、サフォークフェリックストウ英語版に生まれる[3]。生後間もなく一家はイギリス領インド帝国カルカッタに移るが、カルカッタに移ってのち母が亡くなり、以降は母方の祖父母に育てられることとなった[3]。ドーンは5歳になってからイギリスに戻る[2]。妻に先立たれた父親は1942年10月にモンテシート英語版で女優のアーリーン・ジャッジと再婚するが、その生活も1945年7月で終わる[3]。ドーンは物心ついてから父親に女優になることを打ち明けたあと、王立演劇学校に進んで女優の道を歩み始めることとなり、1949年に初舞台を踏む[2]。舞台デビュー翌年の1950年、若年ながら小劇団を率いて巡業していたドーンはMGMにスカウトされ、1951年のレイ・ミランド主演の映画『夜から朝まで』のドッティ・フェルプス役で銀幕にデビューした[2][4][注釈 2]。MGMでのドーンは『雨に唄えば』(1952年)のテレーザ、『月蒼くして』(1953年)のシンシア・スレーターおよび『聖衣』(1953年)のユニアといった役柄で出演する[2][4][5]。私生活の面では1954年にロッカセッカ公ドン・ヴィットリオ・エマヌエーレ・マッシモと結婚し[4][5]ローマに移り住んでいた[2]。翌1955年1月10日には長男ステファノ・マッシモを出産する[5]

この間、ドーンはチャップリンの『ライムライト』のヒロインであるテリー役のオーディションを受ける[6]。テリー役にはクレア・ブルームが選ばれてドーンはその座を逃したが、その存在はチャップリンの記憶の中に残っていた。チャップリンは1954年に、のちに『ニューヨークの王様』として結実する、祖国を追放されニューヨークに滞在する国王を題材とした作品の製作を発表し、ヒロインである若い女性広告エージェントであるアン・ケイ役の人選に取りかかった[1][6]。当初、この役にはヴォードヴィル芸人の孫でもあったケイ・ケンドールの起用が考えられ、チャップリンの妻のウーナや片腕のジェリー・エプスタインがその考えに同調していた[1][6]。ところが、ケイの出演作の一つである『ジュヌヴィエーヴ英語版』を見たチャップリンは気が変わり、ケイの起用はなくなった[1]。代わってチャップリンがヒロイン役として目星をつけたのがドーンであった。チャップリンはドーンに電話で直接出演交渉し、さらにドーンがコルシェ・スール・ヴヴェイ英語版マノワール・ド・バン英語版[注釈 3]を訪問して、正式にヒロインとして選ばれることとなった[2]。完成した『ニューヨークの王様』は、チャップリン自身がその犠牲となったマッカーシズムを皮肉り、ジャン=リュック・ゴダールフランソワ・トリュフォーなどといった若い世代の映像作家に多大な影響を与えた[7]。ドーンも、金に窮する国王をコマーシャルや整形手術などに誘う広告エージェントの役を好演した。イギリス映画である『ニューヨークの王様』はさておいて、この時期のドーンの出演作は前述のMGM時代の作品も含め、ハリウッドのモラルから多少逸脱するものが多かったが、ニューヨークを中心に一定以上の支持を集めた[4]

1960年代以降のドーンは『怪人マブゼ博士英語版』(1960年)のヒロインなど定期的な映画出演の傍らでテレビドラマにも進出。私生活でも1966年3月に次男ノエル・ショーン・パトリック・アダムズを出産するが、ノエルは生後半年で気管支炎により亡くなってしまった[3][5]。1971年4月23日にはロンドンでマッシモと離婚する[3]。2年後の1973年、長男ステファノが映画プロデューサーのアイヴァン・フォックスェルの娘と婚約し、ドーンはこの婚姻に賛成の意を示した[3]。その翌年の1974年、ドーンはジミー・ホワイトと再婚した[3][4][5]。1980年代に入ってからはを患い、代替医療のためにフロリダに行ったりした[3]。1985年3月から4月にかけてはアメリカ滞在中に3週間ほど昏睡状態に陥り、意識が回復したのちロンドンに戻った[3][4]。それから間もない1985年5月7日、ドーン・アダムズはロンドンの病院で54年の生涯を終えた。

主な出演作品[編集]

インターネット・ムービー・データベースのデータによる。

映画[編集]

テレビ[編集]

  • The Alan Young Show (1953)
  • Sherlock Holmes (1955)
  • The Edgar Wallace Mystery Theatre (1955)
  • The Saint (1963 - 66)
  • Armchair Theatre (1970 - 71)
  • Father Dear Father (1971 - 73)
  • Star Maidens (1976)
  • Triangle (1983)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「ドーン・アダム」と濁らない資料もある(#大野 (2005) p.179)
  2. ^ 『夜から朝まで』での共演者の中には、のちのファーストレディであるナンシー・デイヴィスがいた(#Imdb)。
  3. ^ 1953年1月以降のチャップリン邸(#ロビンソン (下) p.299)

出典[編集]

  1. ^ a b c d #ロビンソン (下) p.304
  2. ^ a b c d e f g #野口
  3. ^ a b c d e f g h i #Glamour
  4. ^ a b c d e f #NYT
  5. ^ a b c d e #Imdb
  6. ^ a b c #大野 (2005) p.176
  7. ^ #大野 (2005) p.178,180

参考文献[編集]

サイト[編集]

印刷物[編集]

  • 野口久光「「ニューヨークの王様」とチャップリン映画のみどころ」 『チャップリンのニューヨークの王様』 東急文化会館配給部(編)、東急文化会館配給部、1957年
  • デイヴィッド・ロビンソン 『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年ISBN 4-16-347440-4
  • 大野裕之 『チャップリン再入門』 日本放送出版協会2005年ISBN 4-14-088141-0

関連項目[編集]