ドーム前千代崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドーム前駅から転送)
移動: 案内検索
ドーム前千代崎駅
ドーム前駅
ドームまえちよざき
- Dome-mae Chiyozaki -
ドームまえ - Dome-mae
所在地 大阪府大阪市西区
所属事業者 大阪市営地下鉄駅詳細
阪神電気鉄道駅詳細

ドーム前千代崎駅(ドームまえちよざきえき)は、大阪府大阪市西区千代崎三丁目にある大阪市営地下鉄

大阪ドームへの最寄り駅である。大阪ドームは2006年平成18年)7月1日より名称を「京セラドーム大阪」に変更しているため、同年12月24日今里筋線開業時に「大阪ドーム前千代崎」より駅名を改称した。

本項では、同地にある阪神電気鉄道の駅であるドーム前駅(ドームまええき)についても記述する。

駅番号は大阪市営地下鉄はN12、阪神電気鉄道はHS 43

利用可能な鉄道路線[編集]

歴史[編集]

駅構造[編集]

大阪市営地下鉄(ドーム前千代崎駅)[編集]

ドーム前千代崎駅(京セラドーム大阪)*
ドーム前千代崎駅出口(2007年5月撮影)
ドーム前千代崎駅出口(2007年5月撮影)
ドームまえちよざき
- Dome-mae Chiyozaki -
京セラドーム大阪 KYOCERA DOME OSAKA
大正 (0.6km)
(1.0km) 西長堀
所在地 大阪市西区千代崎三丁目
駅番号  N12 
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
所属路線 長堀鶴見緑地線
キロ程 0.6km(大正起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
3,472人/日(降車客含まず)
-2011年-
乗降人員
-統計年度-
7,427人/日
-2011年-
開業年月日 1997年平成9年)8月29日
* 2006年に大阪ドーム前千代崎駅より改称。

島式ホーム(延長135m、幅7.5m)1面2線を有する地下駅である[1]改札口は大正寄りの1箇所のみ。プロ野球試合などのイベントに対応できるように臨時きっぷ売り場が設けられている。なお、仮称の駅名は単に千代崎だった。

大阪ドーム前千代崎駅からの駅名改称時に、近隣施設である「京セラドーム大阪」が括弧書きで併記されるようになり、駅名標にも駅名の下部に併記されるようになったほか、列車内における次駅案内放送でも、日本語・英語とも駅名に次いで施設名までが併せて呼称されている[要出典]

阪神なんば線とは、地下2階と地下1階(1号出口、地上へ上がる階段の中間地点)の連絡通路で接続している。

当駅はドーム前千代崎管区駅に所属しており、同管区駅長が、当駅、西大橋駅大正駅を管轄する。

PiTaPaスルッとKANSAI対応各種カードの利用が可能である(相互利用が可能なIC乗車券PiTaPaの項を参照)。

駅のデザインテーマは「にぎわい」である。

のりば[編集]

ドーム前千代崎駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 長堀鶴見緑地線 心斎橋京橋門真南方面
2 長堀鶴見緑地線 大正行き
駅ホーム(向かって左が門真南方面)

ドーム前千代崎駅
配線図

大正駅

2 1


STRg STRf
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

西長堀駅


阪神電気鉄道(ドーム前駅)[編集]

ドーム前駅
ドーム前駅駅舎(左奥に京セラドーム大阪を見る、2009年3月撮影)
ドーム前駅駅舎
(左奥に京セラドーム大阪を見る、2009年3月撮影)
ドームまえ - Dome-mae
HS 44 九条 (0.6km)
(0.8km) 桜川 HS 42
所在地 大阪市西区千代崎三丁目
駅番号 HS 43
所属事業者 阪神電気鉄道
西大阪高速鉄道
所属路線 阪神なんば線
キロ程 8.2km(尼崎起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
5,436人/日
-2012年-
開業年月日 2009年平成21年)3月20日

島式ホーム1面2線を有する地下駅で、ホーム有効長は21m級の近畿日本鉄道車両10両編成に対応する。なお、仮称は岩崎橋駅(いわさきばしえき)だった。

ホームは地下5階、改札口は地下2階に1箇所ある。自動改札機オムロン[要出典]で、IC乗車券の利用のほか、切符の処理は出場時2枚一括で対応が可能である。ホーム階と改札階の中間となる地下4階には、プロ野球試合などのイベント開催時の混雑緩和のためのスペースがある。

改札口から地上への出口は2箇所あり、地下2階と地下1階に長堀鶴見緑地線への連絡通路がある。エレベーターはホーム - 改札口と改札口 - 地上(2番)出口に各1箇所、エスカレーター(上り・下りとも、但し地上1番出口へは上りのみ)は各フロア間に、階段は地下4 - 5階は4箇所、地下2 - 4階は2箇所がそれぞれ設置されている。地下2階改札外に売店(アイビーショップ)が1店舗あるほか、改札口前のコンコースにイオンモール大阪ドームシティが直結している。

ホームの一部は天井が地下4階の高さまであり、壁には煉瓦が16万個使用されている。これは当駅近くが大阪瓦斯発祥の地となっており、そのガス工場を模したものとなっている[2][3]

地上との高低差は30メートルと阪神の駅では一番深い。また隣の九条駅とは営業上での駅間距離は0.6キロだが、ドーム前駅の端から九条駅の端までの距離が0.3キロと実質の駅間距離では一番短い[4]

所在地は大阪市西区千代崎だが、こちらは大阪市営地下鉄とは違い駅名に「千代崎」を使用していない。乗り入れ先の近鉄の一路線である名古屋線千代崎駅と区別するためである。

駅舎のデザインテーマは「懐かしさと新しさの融合」である。

のりば[編集]

ドーム前駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 阪神なんば線 上り 難波奈良方面
2 阪神なんば線 下り 尼崎神戸(三宮)明石姫路方面
駅ホーム(2009年3月撮影) 駅名標と煉瓦を使用した壁(2009年3月撮影)
駅ホーム(2009年3月撮影)
駅名標と煉瓦を使用した壁(2009年3月撮影)

ドーム前駅
配線図

桜川駅

1 2


STRg STRf
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRg STRf

九条駅
出典 『鉄道ジャーナル』
2009年6月号


駅周辺[編集]

路線バス[編集]

最寄りのバス停は、ドーム前千代崎である。2007年平成19年)1月7日までの停留所名は「大阪ドーム前千代崎」だった。

大阪市交通局(大阪市営バス)により、以下の路線が運行されている。大正区内各地へのバスターミナルの性格を有しており、急行バス(土曜・休日運休)も当所を始終着として運行されている。

利用状況[編集]

  • 阪神電気鉄道 - 2012年度の1日平均乗降人員は5,436人である。
  • 大阪市営地下鉄 - 2013年11月19日の1日乗降人員9,744人(乗車人員:4,514人、降車人員:5,230人)である[5]

各年度の1日平均乗車・乗降人員数は下表のとおりである。

年度 阪神電気鉄道 大阪市営地下鉄 出典
乗降人員 乗車人員 調査日 乗降人員 乗車人員
1998年(平成10年) 未開業 11月10日 6,719 3,557 [6]
1999年(平成11年) -
2000年(平成12年) -
2001年(平成13年) -
2002年(平成14年) -
2003年(平成15年) -
2004年(平成16年) -
2005年(平成17年) -
2006年(平成18年) -
2007年(平成19年) 11月13日 7,258 3,364 [7]
2008年(平成20年) 11月11日 7,221 3,329 [8]
2009年(平成21年) 4,856 2,462 11月10日 7,366 3,468 [9]
2010年(平成22年) 4,678 2,296 11月09日 9,687 4,462 [10]
2011年(平成23年) 4,713 2,313 11月08日 7,427 3,472 [11]
2012年(平成24年) 5,436 2,601 11月13日 9,632 4,471 [12]
2013年(平成25年) 11月19日 9,744 4,514

隣の駅[編集]

括弧内は駅番号を示す。

大阪市営地下鉄
長堀鶴見緑地線
大正駅 (N11) - ドーム前千代崎駅(京セラドーム大阪) (N12) - 西長堀駅 (N13)
阪神電気鉄道
阪神なんば線
快速急行・準急・区間準急・普通
九条駅 (HS 44) - ドーム前駅 (HS 43) - 桜川駅 (HS 42)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『大阪の地下鉄 -創業期から現在までの全車両・全路線を詳細解説-』 石本隆一 著、産調出版、1999年、p.112 ISBN 4-88282-206-7
  2. ^ ドーム前駅のレンガ壁は本物?[リンク切れ](もっと楽しむ阪神なんば線) - 阪神電気鉄道
  3. ^ 駅のデザイン秘話 2 ドーム前駅より[リンク切れ](もっと楽しむ阪神なんば線) - 阪神電気鉄道
  4. ^ 営業キロを基準とした場合、阪神で駅間距離が一番短いのは御影駅 - 住吉駅間の0.5kmである。 ※参考 : 近鉄ニュース 2009年1月号
  5. ^ 路線別駅別乗降人員 2013年11月19日
  6. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  7. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]