ド・ブランヴィリエ侯爵夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死刑判決を受けた直後のド・ブランヴィリエ侯爵夫人
自白するように水責めの拷問されるド・ブランヴィリエ侯爵夫人

マリー・マドレーヌ・ドルー・ドブレー(Marie Madeleine Dreux d'Aubray, 1630年7月2日 - 1676年7月16日)は、17世紀フランスの連続殺人犯。(ド・ブランヴィリエ侯爵夫人(Marquise de Brinvilliers)として知られる。

パリの司法官アントワーヌ・ドルー・ドブレー(Antoine Dreux d'Aubray)の長女として生まれる。21歳でブランヴィリエ侯爵アントワーヌ・ゴブラン(Antoine Gobelin, marquis de Brinvilliers)に嫁いだが、愛人との派手な不倫生活をおくった。愛人と共謀して、遺産目当てに父親を毒殺するため慈善病院に熱心に通いつめ、病人相手に人体実験を繰り返して毒の効果を試した後、父親に少しずつ毒を盛って殺害した。その後、遺産を独り占めにするために兄弟たちも始末し、その娘や夫たちも狙った。しかし愛人が事故死し、自宅から犯行の記された手紙を警察に押収されたことから、国外に脱出してヨーロッパ各地を転々とし、最後に修道院に身を潜めた。そこでひっそりと生活しながら告白録を執筆したが、刑事におびき寄せられて外に出た所を逮捕された。裁判では全く罪悪感を見せなかったが、火刑法廷で拷問されるとさすがに反省した。死刑を宣告され、即刻斬首された。

関連作品[編集]

関連項目[編集]