ドン・コージス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドン・コージス
Don Kojis
名前
本名 Donald R. Kojis
ラテン文字 Don Kojis
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1939年1月15日
出身地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
身長 191cm
体重 92kg
選手情報
ポジション フォワード
ドラフト 1961年 2巡目全体21位
経歴
1958-1961
1963-1964
1964-1966
1966-1967
1967-1970
1970-1972
1972-1975
マーケット大学
ボルティモア・ブレッツ
デトロイト・ピストンズ
シカゴ・ブルズ
サンディエゴ・ロケッツ
シアトル・スーパーソニックス
カンザスシティ=オマハ・キングス

ドン・コージスDon Kojis, 1939年1月15日 - )はアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。ウィスコンシン州ミルウォーキー出身。ヒューストン・ロケッツ(当時はサンディエゴ・ロケッツ)最初期のスター選手である。1963年のバスケットボール世界選手兼アメリカ代表

マーケット大学[編集]

ドン・コージスことドナルド・R・コージスはドウェイン・ウェイドと並んでマーケット大学バスケットボールチーム史上最も優秀なオールラウンドプレイヤーと目されている。1959-60シーズンには20.9得点15.4リバウンドを記録してチームを23勝6敗の成績に導き、NCAAトーナメント・オールミッドイーストチームに選出されている。最後のシーズンである1960-61シーズンには21.4得点17.1リバウンドを記録し、シーズン通算462リバウンド、キャリア通算1504得点は同校の最多記録となった。背番号『44』は同校の永久欠番となっている。

NBAキャリア[編集]

1961年のNBAドラフトボルティモア・ブレッツから全体21位指名を受けてNBA入り。ブレッツとデトロイト・ピストンズで3シーズンを過ごすも、平均7得点6リバウンド前後の成績が続き、NBAでコージスの才能が発揮されるまでにはやや時間が掛かった。

1966年に誕生したシカゴ・ブルズエクスパンション・ドラフトで移籍をしたのを機に10.2得点6.1リバウンドと成績を伸ばすと、翌1967年には再び新たに誕生したサンディエゴ・ロケッツにやはりエクスパンション・ドラフトで移籍(コージスは史上3人しかいない2年連続でエクスパンション・ドラフトに掛けられた選手の一人である)。ここでコージスはキャリアの絶頂期を迎えた。

ロケッツでの1年目には19.7得点10.3リバウンドと大きな飛躍を見せ、オールスターゲームにも初出場し、コージスはロケッツ史上初のオールスター選手となった。翌1968-69シーズンにはキャリアハイとなる22.5得点9.6リバウンドを記録し、新人エルヴィン・ヘイズと共にロケッツを初のプレーオフへと導いている。コージスはロケッツの中心選手として活躍したが、1969年に誕生したシアトル・スーパーソニックスに、またもやエクスパンション・ドラフトで移籍することになった。

すでに30代を迎えていたコージスの個人成績はゆるやかに下降線を辿り始めた。ソニックスでは2シーズン過ごし、1972年カンザスシティ=オマハ・キングスに移籍。キングスで3シーズン過ごした後、1975年に現役から引退した。

NBA通算成績は12シーズン814試合、9,948得点4,555リバウンド、平均12.2得点5.6リバウンドだった。

主な業績

外部リンク[編集]