ドント・バザー・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドント・バザ・ミー
ビートルズ楽曲
収録アルバム ウィズ・ザ・ビートルズ
リリース 1963年11月22日
録音 1963年9月11日12日
ジャンル ロック
時間 231 (monaural version)
2分28秒 (stereo version)
レーベル パーロフォン
作詞者 ジョージ・ハリスン
プロデュース ジョージ・マーティン
ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. イット・ウォント・ビー・ロング
  2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
  3. オール・マイ・ラヴィング
  4. ドント・バザー・ミー
  5. リトル・チャイルド
  6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
  7. プリーズ・ミスター・ポストマン
B面
  1. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
  2. ホールド・ミー・タイト
  3. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
  4. 彼氏になりたい
  5. デヴィル・イン・ハー・ハート
  6. ナット・ア・セカンド・タイム
  7. マネー

ドント・バザー・ミー」("Don't Bother Me")はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のA面4曲目に収録された。ジョージ・ハリスンの作。リード・ヴォーカルもジョージ・ハリスン。ジョージの最初の作品である[1]アメリカでは1964年に発表されたキャピトル・レコード編集アルバムで当国でのデビュー・アルバム『ミート・ザ・ビートルズ』に収録された。

ジョージは生前に「他の二人を見ていたからやり方は分かっていたけど、これはあまりいい歌とはいえない」と語っていた。ジョージが本格的にシンガーソングライターとして活動するのは2年後に発表されたアルバム『4人はアイドル』にて「アイ・ニード・ユー」と「ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ」の収録曲2曲を発表してからである。

この作品はジョージが病気を理由にイギリス国内ライブツアーを休んでいた最中に作られた曲である。ジョージは(ジョンの美大時代の仲間で、『マージー・ビート』誌の創刊者だった)ビル・ハリーから「ジョンポールが曲を書くのに、君はなぜ作らないの?」と手紙でたずねられていて、その返答として書いたのがこの曲。タイトルを直訳すると「煩わさないでくれ」という意味合いだが、この楽曲の場合「ほっといてくれ」という意味になる。つまり、これがジョージのハリーへの返答なのである。

ちなみにこの曲はジョージ作の楽曲で唯一、ディック・ジェイムス・ミュージックが管理している。また、同社管理の楽曲では最後のビートルズ公式発表曲である。

収録盤[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、公式デビュー前にジョン・レノンと共作したインストルメンタル・ナンバーの「クライ・フォー・ア・シャドウ」がある。アルバム『ザ・ビートルズ・ファースト・アルバム』に収録。

外部リンク[編集]