ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー
ソロモン・バークスタジオ・アルバム
リリース 2002年7月9日欧州連合の旗[1]
2002年7月22日アメリカ合衆国の旗[1]
録音 2002年2月25日 - 28日 カリフォルニア州ハリウッド サンセット・サウンド・ファクトリー[2]
ジャンル R&Bソウル
時間 51分35秒
レーベル ファット・ポッサム・レコード/アンタイ・レコード
プロデュース ジョー・ヘンリー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 14位(スウェーデン[3]
  • 16位(ノルウェー[4]
  • 25位(オランダ[5]
  • 63位(ドイツ[6]
  • 75位(オーストリア[7]
  • 138位(アメリカ[8]
ソロモン・バーク 年表
Soulman
(2002年)
ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー
(2002年)
The Incredible Solomon Burke at His Best
(2002年)
テンプレートを表示

ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー』(Don't Give Up on Me)は、ソロモン・バーク2002年7月に発表したスタジオ・アルバム

解説[編集]

シンガーソングライターとしても活動しているジョー・ヘンリーがプロデューサーを務めた。ヘンリーが提供した楽曲「フレッシュ・アンド・ブラッド」は、後にヘンリーのソロ・アルバム『Tiny Voices』(2003年)でセルフ・カヴァーされている[9]。また、ヘンリーの呼びかけにより、バークのファンであるボブ・ディラントム・ウェイツヴァン・モリソンエルヴィス・コステロブライアン・ウィルソンニック・ロウ等が楽曲を提供した[10]

バークの母国アメリカでは、総合チャートであるBillboard 200で138位、『ビルボード』誌のインディペンデント・アルバム・チャートでは11位、同誌のR&Bアルバム・チャートでは91位に達した[8]。また、グラミー賞の最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム部門を受賞した[8]

オランダでは、本作からのシングル2作がチャート・インを果たしており、「ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー」は90位[11]、「ナン・オヴ・アス・アー・フリー」は88位に達した[12]

本作が高く評価されたことで、バークは再び、クラシック・ソウル界で最も偉大な現役音楽家の1人として認められることとなった[13]

収録曲[編集]

  1. ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー - "Don't Give Up on Me" (Dan Penn, Carson Whitsett, Hoy Lindsey) - 3:45
  2. ファスト・トレイン - "Fast Train" (Van Morrison) - 5:43
  3. ダイアモンド・イン・ユア・マインド - "Diamond in Your Mind" (Tom Waits, Kathleen Brennan) - 4:24
  4. フレッシュ・アンド・ブラッド - "Flesh and Blood" (Joe Henry) - 6:07
  5. ソウル・サーチン - "Soul Searchin'" (Brian Wilson, Andy Paley) - 3:59
  6. オンリー・ア・ドリーム - "Only a Dream" (V. Morrison) - 5:09
  7. ザ・ジャッジメント - "The Judgment" (Elvis Costello, Cait O'Riordan) - 3:30
  8. ステップチャイルド - "Stepchild" (Bob Dylan) - 5:10
  9. ジ・アザー・サイド・オヴ・ザ・コイン - "The Other Side of the Coin" (Nick Lowe) - 3:46
  10. ナン・オヴ・アス・アー・フリー - "None of Us Are Free" (Barry Mann, Cynthia Weil, Brenda Russell) - 5:29
  11. スィット・ディス・ワン・アウト - "Sit This One Out" (Pick Purnell) - 4:33

カヴァー[編集]

  • 「ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー」は、ジョー・コッカーのアルバム『Hymn for My Soul』(2007年)でカヴァーされた。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]